スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの読書報告

  • 2016/07/18(月) 21:51:33

3日連続勤務は遅番出勤で加えて只今閉店時間延長中なので、必然的に出勤時間がいつもより遅くなります。午前中がほぼ、自由時間です。元気ならここで手仕事バリバリ!といきたいのですが、ここんところ座っているのがしんどかったり指が痛かったり無理すると翌日がとんでもないことになったり、何より出勤前に動くと仕事終わりを待たずに電池切れになってしまうので、そんよ~と(※富山弁で申し訳ないのですが、標準語ではなんて表現したら良いのか分からないので・・・)と過ごしておりました。ぼーっとしてると眠くなるのでたまっている本の中から比較的軽めなものを読んでました。

金メダル男 (中公文庫)金メダル男 (中公文庫)
内村 光良

中央公論新社 2016-06-23
売り上げランキング : 1194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
小学校の徒競走での一等賞をきっかけに始まった「常に一番を目指す」男、秋田泉一。何度失敗しても立ち上がり、あくなき挑戦を続け、思いがけぬチャンスをつかんでいく。その一途な生き方を、高度経済成長期からバブル崩壊を経て平成の今日に至るまで、時代風景と重ね合わせながらユーモアたっぷりに描くエンタメストーリー。

「金メダル男」 内村さん大好きの私が見逃すわけににはいきません。一人称で進むのでものすごく読みやすいです。芝居の脚本をベースにしてあるので台詞としての描写で進んでゆくような感じなので正直、これは小説・・・?と思わないでもないのですが、でも良いの。
内村さんが書いたんだから!
時代が自分の年齢とほぼ合っているのも読みやすかったゆえんなのでしょうが、泉一の生き方ってどうよ~とは思います。なんだろう。着地点が幸せなひとの物語なんですよね。その着地点の幸せが決してひとがうらやむ結果とはなっていないところがミソですが(ああいうオチを持ってきたところに内村さんは徹底的なコント職人なんだと感じます)。
ビジュアルで観たい場面がたくさんあります。映画、観に行こうかな・・・。

超高速!参勤交代 リターンズ (講談社文庫)超高速!参勤交代 リターンズ (講談社文庫)
土橋 章宏

講談社 2016-06-15
売り上げランキング : 3375

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
「5日で参勤」の難題をやりきり、命じた老中の顔を潰した湯長谷藩の面面はのんびり帰路につくはずだった。そこへ老中が国許へ2日で戻り、さらに江戸城天守閣再建の沙汰を下す。絶体絶命の窮地に陥った藩主らは智恵を絞る。巨悪と対峙する痛快時代エンターテインメント。

「超高速!参勤交代リターンズ」 これも映画の原作です。前作の「超高速!参勤交代」は監督が富山市出身の本木克英さん(私の出身高校の先生の息子さんだ!)、かわいそうな家老役の西村雅彦さん(サンシャインボーイズ在籍時、大好きでした!)なので本来ならそういうの大好きな富山のマスコミは大プッシュしてもよさそうなのに、ちょうど富山で撮影された映画とぶつかっててそっちばかり宣伝してました。もったいない。富山で撮影するってそんなに大騒ぎするもんなんでしょうかねぇ??そういえば「おくりびと」は原作も監督も富山に縁のある方だったのに、富山がロケ地を拒否ったって噂ですけどホントかな・・・?
泣けましたといううたい文句ばかりの日本映画が苦手な私ですが、これは設定を聞いただけでめっちゃ期待していました。(公開は観らなかったのでDVDを買いました♪)そして小説版も読んだところ、映画よりも濃いというか生々しい描写が多かったものの、キャラクターのサイドストーリーが掘り下げてあってこちらも楽しみました。
そして続編!やった!小説版はやはり生々しいところがいくつかあるので、今度は逆の見方、どこをどんな風に変えられるんでしょうか。これ読んでると老中役の陣内さんまでも嫌いになりそう(笑)。ホントに憎たらしい。そして今回の西村さんは前回に増してかわいそうすぎる・・・。

明智小五郎事件簿 1 「D坂の殺人事件」「幽霊」「黒手組」「心理試験」「屋根裏の散歩者」 (集英社文庫)明智小五郎事件簿 1 「D坂の殺人事件」「幽霊」「黒手組」「心理試験」「屋根裏の散歩者」 (集英社文庫)
江戸川 乱歩

集英社 2016-05-20
売り上げランキング : 56337

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「明智小五郎事件簿 1 」 明智君ものをちゃんと読んでいなかったことに気づいたので、書店で見かけたこれを買いました。「心理試験」がちょっとめんどくさかった(笑)けど、あとは、すいすいっと読めました。短編だったから購入したので、続刊は買わないかも・・・。京極夏彦さんの小説を思い出した、という感想は順番が違いますね、すみません。
乱歩の作品といえば、子供の頃以降でいうとこの漫画を

江戸川乱歩怪奇短編集赤い部屋 (ヤングジャンプコミックス)江戸川乱歩怪奇短編集赤い部屋 (ヤングジャンプコミックス)
江戸川 乱歩 東 元

集英社 2008-07-18
売り上げランキング : 172196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読んでいたせいか、今回の小説を読んでいてもビジュアルは東先生の描かれるキャラクター(特に屋根裏の散歩者)で想像していました。漫画とはひとっつもお話はかぶっていないんですけどねぇ。そう考えると屋根裏の散歩者をぜひ先生に描いてもらいたいなぁ・・・。

ジョイランド (文春文庫)ジョイランド (文春文庫)
スティーヴン キング Stephen King

文藝春秋 2016-07-08
売り上げランキング : 1452

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
海辺の遊園地、ジョイランド。彼女に振られたあの夏、大学生の僕はそこでバイトをしていた。そこで出会った仲間や大人たちとすごすうち、僕は幽霊屋敷で過去に殺人があったこと、遊園地で殺人を繰り返す殺人鬼がいることを知る。もう戻れない青春時代の痛みと美しさを描くキングの筆が冴え渡る!感涙必至の青春ミステリー。


「ジョイランド」 久しぶりのキング作品です(だっていつもは上下巻で高いんだもん)。大学生の「ぼく」の一人称が続くのでこれも比較的読みやすかったです。青春小説と思いきやミステリーかと思いきやちょっと超常現象的な引っ張りもありと飽きさせない展開てんこ盛りです。どれかの分野だけが好きな人には不完全燃焼になるかも。
ただ、オビにある「感涙必至」にはならなかった。申し訳ないです。どこで泣けば良かったのかな。なんて言ったら失礼か。(最後の場面かな?)でもなんでもなんでも泣けるって書けば良いってもんじゃないんだよ!そんなにみんな、泣きたいのか。そんなん、ドラえもんの最終回を思い出せばすぐ泣けるよ!
泣きはしなかったけど全体的には爽やかな青春小説でおもしろかったです。主人公、真面目だわー。1973年当時の二十歳ぐらいのスレてない男の子ってああいうもんなの?あと、食いしん坊としてはちょいちょい出てくる食べ物が気になります。

最後は楽しみにしていた最新刊。

かわうその自転車屋さん 3 (芳文社コミックス)かわうその自転車屋さん 3 (芳文社コミックス)
こやまけいこ

芳文社 2016-07-15
売り上げランキング : 587

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「かわうその自転車屋さん(3)」 この漫画を読むとものすごく自転車に乗りたくなるけど今の自分には無理なので、せめて気持ちだけはヨウコさんになる。ヨウコさん、好きだわー。うさもっちゃんも3巻が初登場なのにとても活躍していて可愛い。10段パンケーキ、食べてみたいなー。

そして今はこれを読み始めました~。

ハイ・ライズ (創元SF文庫)ハイ・ライズ (創元SF文庫)
J・G・バラード 村上 博基

東京創元社 2016-07-11
売り上げランキング : 4254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
ロンドン中心部に聳え立つ、知的専門職の人々が暮らす新築の40階建の巨大住宅。1000戸2000人を擁し、マーケット、プール、ジム、レストランから、銀行、小学校まで備えたこの一個の世界は、10階までの下層部、35階までの中層部、その上の上層部に階層化していた。全室が入居済みとなったある夜起こった停電をきっかけに、建物全体を不穏な空気が支配しはじめた。中期の傑作。

「ハイ・ライズ」 これも映画化の原作。しかし文庫本も高くなりましたねぇ。
(このひと、「クラッシュ」の作者さんなんですね・・・)

今回気が付いたのですが、「ながら読書」が出来なくなりました。集中力に欠けてるのかな。トシ?

スポンサーサイト

本の履歴はちょいとハズカシイ

  • 2016/07/10(日) 17:14:48

お休みの日には必ず更新しようと思っていても、疲れ果ててたり何かを作ってたりしたらなかなかPCを立ち上げることが出来ないです。うーん。もっと手軽にブログを書きたいと自分でも思うのですが、文章を書くのはやっぱりキーボードが欲しいのでスマホやタブレットでは無理なんですよねぇ。悩ましいところです。

最近入手した活字本。

0708_3.jpg

今月号のMollie MAKESには可愛い人魚さんのamigurumi(origamiと同様、今は世界共通語です)が載っています。作ってみたいなぁ。付録は刺繍キットでした。先月は可愛いフェルト人形のキットだったので、作るとしたらまずはそっちが先かな。
長野まゆみさんの「あのころのデパート」は"あるある"的ネタもあっておもしろいです。夏フェスのしおりは大きいの、もらいました。
そして内村光良氏の「金メダル男」。まだ読めてませんが楽しみ。

ツイッターで存在を知って即、買いしたのは、

0708_2_20160708091121b83.jpg

「レゴでつくろう世界の名建築」。時代とともに移り変わる建築様式の説明と実際にレゴで作られた建物の写真、それらを作るときのパーツ説明や作り方が載っています。良い本です。素晴らしい本です。ずーっと眺めていたい本です。後にちらっと写ってますがタティングレースの手も止まるぐらい、素敵な本です。難と言えば、表紙から始まり文中にも頻繁に出てくる「レゴ」の文字のところにいちいち小さく(R)-実際にはマルR-と書かれているのが仕方ないとはいえウザいです(笑)。

表題ですが、↑のレゴ本を紀伊国屋のサイトで探していたとき、会員としてログインしてどっかのボタンをぽちっとしたら今まで紀伊国屋で買った本の履歴がずらーっと出てきたのでした。旦那の分もあるのでジャンルがバラッバラ。どんなに貧乏であっても月に1万円ぐらいは(ポイント率アップ会員の目安)本代として使いたいと思っているから、今後も増える一方ということで・・・。引っ越しで処分したのに・・・。

久しぶりに本の感想

  • 2016/05/30(月) 17:27:45

仕事の日は帰宅後にごはんを食べたら即、寝てしまうため、手仕事がなかなか進みません。なのでご披露出来るものがないため、最近読んだものの感想などを書いてみます。今回はこの3冊。

0530_2016053016222162a.jpg

★絵本★工藤ノリコさん「ペンギンきょうだい そらのたび」
ペンギンのおねえちゃん、ペンちゃん、ぎんちゃんのきょうだいが3人だけで旅をする絵本の第3弾。れっしゃ、ふねと続いて今回は飛行機に乗ります。工藤さんの絵本にハマったのは描き込みの細かさがハンパなく、それらがひとつひとつカワイイから。物語の本筋と離れて、その描き込みの中にも別の物語が繰り広げられています。
このそらのたびでも見開きに描かれた空港内の様子がものすごく細かい。ひとつひとつ見てたらキリがないぐらいです。何度見ても飽きないので、工藤さんにハマったきっかけの「ノラネコぐんだん」シリーズなんて旦那に呆れられるぐらい、読み返してます。他のお話も欲しいなぁ・・・。

ペンギンきょうだい そらのたびペンギンきょうだい そらのたび
工藤 ノリコ

ブロンズ新社 2012-10
売り上げランキング : 46525

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★まんが★岩岡ヒサエさん「孤食ロボット」
ツイッターで流れていて試し読みが出来たので、ゆっくり読みたくなったので購入しました。

会計が3000ポイント貯まると交換できる○×フードカンパニーのプレゼントは単身者の食事と健康をサポートするアンドロイド。料理が苦手なOL、単身赴任のお父さん。彼らのもとに突然やってきた小さな頑張り屋さんがサポートするのは、温かな食事だけではなくて…。今日も誰かをほっこり幸せに。心も満腹になる優しい物語──

優しい物語ばかりじゃありません。悲しくて切なくて読んでる間、涙が止まらなかったです。確かにほっこり幸せになるお話がメインではあるのですが、中にはちょっと辛いお話もあって、正直、これ、手放そうかと思ってます。アンドロイドが可愛くて、可愛いだけに余計、悲しいです。2巻、3巻はどうなんだろう。読んでみたいけどでも、また悲しいお話も入ってたらしんどいから買わないでおきます。

孤食ロボット 1 (ヤングジャンプコミックス)孤食ロボット 1 (ヤングジャンプコミックス)
岩岡 ヒサエ

集英社 2014-06-10
売り上げランキング : 12939

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★文庫本★カーソン・マッカラーズ「結婚式のメンバー」
やっと読了です。途中、何度くじけそうになったことか。でもなぜか、これは読み切らなくちゃいけないような気になってしまいました。

この街を出て、永遠にどこかへ行ってしまいたい――むせかえるような緑色の夏に、十二歳の少女フランキーは兄の結婚式で人生が変わることを夢見た。南部の田舎町で、父や従弟、黒人の女料理人ベレニスとの日常に倦み、奇矯な行動に出るフランキー。狂おしいまでに多感で孤独な少女の心理を、繊細な文体で描き上げた女性作家の最高傑作。≪村上柴田翻訳堂≫第一弾、村上春樹の新訳!

ひりひりした少女の思いにものすごく疲れました。先にも書きましたがおそらく投げ出してしまう文庫本の中にいれてもおかしくないぐらい、だからどうした感が漂う中、読んでいました。それでもこの少女はどうなってしまうんだろう、どうしたいんだろうと気になり、最後まで読み届けなければという気持ちになっていました。
結論には少々変化球が投げられた気分です。「ここではないどこか」に関しては当初の願いとは変わったけどある意味、手に入れられたようですが、それにしても彼をそうやってしまったのはどうしてなんだろう。自伝的なお話ということなんですが、実際に作者のまわりで起こったことなのかな。
訳者である村上春樹氏があとがきで語っていらっしゃるように、彼女の他の作品もぜひ読んでみたい。そう思えるってことは、そんなに嫌いなお話であり作者じゃないってことなのかな、私。淡々と進むお話が苦手じゃない方にはオススメかもしれません。

結婚式のメンバー (新潮文庫)結婚式のメンバー (新潮文庫)
カーソン マッカラーズ Carson McCullers

新潮社 2016-03-27
売り上げランキング : 1618

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


※拍手をありがとうございます♪

ごほうびごはんとパトリシア・ハイスミス

  • 2016/05/18(水) 15:03:21

東元先生の連載が始まるということで読み始めた「週刊漫画TIMES」。
その中で2作品、単行本化が待ち遠しいマンガに巡り会いました。
(「駄菓子屋かよちゃん」も早く単行本になって欲しい・・・)

うちのひとつ、「ごほうびごはん」の4巻目(いちばん上)が発売されました~。
0518.jpg
(紀伊国屋書店富山店では最後の1冊でした。あぶないあぶない。)

連載当初はOL1年生だった咲子ちゃん。週に1度、「ごほうびごはん」と称してちょっと贅沢な外食だったり食材で1週間頑張った自分をねぎらっています。回が進むにつれて職場の仲良しさん、上司や同僚、後輩、長野の実家のご家族など登場人物が増え、咲子ちゃんの「ごほうび」ではないごはん話も増えてきました。私は咲子ちゃんが美味しそうに食べている絵がものすごく好きなので、どちらかと言えば毎週、咲子ちゃん話の方が嬉しい(*^-^*)。

作り方の説明も丁寧だし上に書いたように咲子ちゃんは美味しそうに食べるのでこちらも楽しくなるのですが、私は食いしん坊だけどなんちゃってベジタリアンなので、それらを食べたくなるかと言われたら、うーん・・・。確かに食べたくはなるんですけど、それはお肉の素材を脳内で別のモノに変換して捉えている気がする・・・。それでも新刊発売が楽しみなお話です。(もうひとつ新刊が楽しみなのは「かわうその自転車屋さん」です♪)

ごほうびごはん 4 (芳文社コミックス)ごほうびごはん 4 (芳文社コミックス)
こもとも子

芳文社 2016-05-16
売り上げランキング : 417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


で、せっかく行った紀伊国屋書店。(しょっちゅう行ってるけど)これだけで帰れるわけがない。どうしようと悩んでいた本達を一緒に購入することにしました。今、文庫本って結構高いですよね。文庫本2冊買ったら安価な単行本とか工藤ノリコさんの絵本が買えちゃいますから。悩みました。悩みましたが買いました。

0518_1.jpg

映画版「太陽がいっぱい」は観ているけど「リプリー」はながら観しかしてません。あまり評判が良くなかった?「リプリー」でしたが私はそこまで嫌いじゃないのでもいっかいちゃんと観たい作品です。その前にとりあえず原作と続編を買いました。

太陽がいっぱい (河出文庫)太陽がいっぱい (河出文庫)
パトリシア ハイスミス Patricia Highsmith

河出書房新社 2016-05-07
売り上げランキング : 191579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


贋作 (河出文庫)贋作 (河出文庫)
パトリシア ハイスミス Patricia Highsmith

河出書房新社 2016-05-07
売り上げランキング : 129396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パトリシア・ハイスミスは「キャロル」が物語としてとっても良かったし文章もするするっと入りやすかったので、そのリズムを覚えているうちにこの2冊も早めに読もうと思います。しかし続編があるなんて知らんかった。(ググったら「贋作」も映画化されているみたいです)

キャロル (河出文庫)キャロル (河出文庫)
パトリシア ハイスミス Patricia Highsmith

河出書房新社 2015-12-08
売り上げランキング : 14789

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これも映画の方も観たいなー。

結局買いました

  • 2016/05/12(木) 17:41:37

6連休も折り返しです。
連日出かけているので今までの私だったら今日は引きこもっていたでしょうが、紀伊国屋から定期購読雑誌到着の電話もあったことだし、お昼を食べがてら出かけました。
お昼はメキシコ料理やさんで白身魚フライのランチ。ものすっごく暇そうな時もあったり、てんてこ舞いな時もあるお店なのですが、今日は後者。マスターひとりで奮闘されてました。カウンターに座るとついつい、マスターの手許をじーっと見てしまうのですが、私が食べた後、ランチの付け合わせが違うものに変わっていたのが今もものすごく気になっています(笑)。黒っぽいペーストのようなもの。あれはなんだったんだろう・・・。訊けば良かった・・・。

紀伊国屋での買い物。
0512.jpg

結局、工藤ノリコさんの絵本を買ってしまいました。ペンギンきょうだいシリーズの中から悩んで悩んで「そらのたび」」。バスもでんしゃもふねも全巻、捨てがたく・・・。そして今日のレジも先日のおにーさんだったのですが、やっぱり「これは贈り物ですか」と訊かれました(照)。
クロスステッチはエジングハンカチを編んでる間に3回分、たまってしまいました!がんばらねば。
定期購読雑誌はこの「Mollie MAKES」です。表紙のドールがめっちゃカワイイ。フェルトで作るみたいなのでやっちゃうかも・・・。昔、セーラームーンのキャラクターをフェルトで作ったっけ・・・。付録はちゃっちいけどかぎ針もついた編み物キット。本誌に掲載の編み方は当然ながら英文なので編み図なんてなく、文章で説明してあります。字面と写真だけで編みのイメージが出来るって外国人はスゲーといつも思います。

拍手をありがとうございます(^-^)/。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。