FC2ブログ

チャイメリカを観てきました

世田谷パブリックシアターで「CHAIMERICA(チャイメリカ)」を観てきた。

出演が田中圭、満島真之介、眞島秀和。今をときめく田中圭君のおっさんずラブ後にチケットが発売された舞台なのでかなりの争奪戦だったけれど、そこは私、田中圭モバイルの会員なので(照)、すんなりと取らせてもらった。届いた席は結構後方だったので(林遣都君の芝居では事務所会員優先5回目の挑戦でようやく得たチケットの座席がそこそこ前方だったから期待していたということもあり)、新参者だし仕方ないよなと納得させていたのだけど、これは客席に入ってから驚いたのでそれはのちほど。

今回、体力的な不安を抱えながらも日帰り上京を決意したのは眞島秀和さんも出演なさっていたから。昨年亡くなった母親は彼のことが大好きで、富山に芝居でいらっしゃることを知ったときも行きたいけど体の不都合があるしと断念したのに公演日当日、「今日は眞島さんの舞台だね」と私も忘れてたことを言ってたぐらいなので、何とかして連れてってあげれば良かったのかなととても悔やんでいた。よって今回は母が杖にずっと付けてたフクロウちゃんのマスコットとともに、芝居を観てきた。

190215.jpg
当日パンフレットと同行してくれたフクロウちゃん。

三茶へ向かう電車の中、その前に一か所寄ったことが災いして早くも疲労度が上がっており、なんで私はこんなところに来ちゃったんだろうとさえ思い正直、帰って横になりたいほどだった。
が、三茶に着き、劇場前で上演中のポスターを見て、中に入ってチラシの束を受け取ったとたん、今度は期待度が急上昇し、先ほどまでの疲労はなんだったんだろうとさえ思えた。不思議。

190213.jpg
フォトスポットになっていた看板とただいま上演中のポスター。

客席は想像よりもコンパクト。大昔シアタートラムには来たことがあり、それよりおっきいハコだという認識だったから後方でも近いじゃん、と安心。おまけに私の席は通路側、それもひとつ前の列から通路側にはみ出し始めているという私の視界を邪魔するものは何もないレベル。
ありがとう、田中圭モバイル!!
時間が近づくにつれてまわりの客席も埋まり始め、ほぼ、女性。そしてオペラグラス持参の方、多し。こんなに近いのに何を見ようというんだ??

長くなりましたがやっと芝居について。劇場のサイトにある説明は下記の通り。

<物語>
89年6月4日、民主化を求める学生を中心とした一般市民と中国政府が、天安門広場で衝突した。
そこに居合わせた19歳のアメリカ人ジョーは、買い物袋を両手に下げた一人の男が戦車の前に立ちはだかる様子をカメラに収め、その写真は“戦車男=タンクマン”として世界に衝撃を与えることになった。
それから23年後、中国人の旧友ヂァン・リンから、“タンクマン”にまつわる衝撃の事実を聞かされたジョーは、彼の軌跡を追い始める。

以下、思いつくままに。台詞の確認には悲劇喜劇3月号掲載の戯曲を参考にした。

【不穏な音楽】
冒頭にかかる音楽がなんとも言えない、心がざわざわさせられた。
【冷蔵庫は何のメタファーか】
民主化への扉は開かれても結局は閉ざされるということ?
【ふたりの妊婦】
未来の象徴??ちょっと安易か。
【ヂャン・ウェイ、そしてワン・ポンスゥ】
今回は多くの方がひとりで数役、こなされているのだけど、眞島さんも二役なさっている。これは「ヂャン・ウェイ役はワン・ポンスゥも兼ねる」という作者の指定なのか、はたまた栗山さんの演出なのかが分からないけれど、ジョーの写真をきっかけに運命が変わったふたりの兄を彼がひとりで演じるという仕掛けなのだろうか。
【ヂャン・リンのこと】
満島さん、彼を観たのは森田必勝役、そして田中圭24時間テレビでのロドリゲスという極端な振り幅(笑)。こんな役を1日2回も演じて彼、大丈夫なのかなと不安にさえなった。彼はジョーに何を求めてずっと友達となっていたのだろうか。ジョーに探させたもうひとりのタンクマンは今の政府で英雄となっていると思っていたのだろうか。
【ジョーのこと】
過去の栄光でもう1発当てたかっただけなのか、タンクマンの今から中国を今を真剣に伝えようとしたのか。ミシェルとの会話に出てくるのは彼自身の子供のこと?(子供はいない、いらないのでは?)テスにもうすぐ妻が帰ってくるという意味は?ヂャン・リンに「結婚しよう」と言うのは彼をアメリカに呼び寄せられる手段としてのその場しのぎの言葉?しかし、なんにせよ田中圭さんが演じることによってすべて悪気はない、無邪気な男だと捉えてしまうのはなぜだ!くやしい!

事前に戯曲を買った時に即、開いたところ、パタパタを激しい場面展開に頭がくらくらして読むのを放棄してしまってたのでタンクマンは誰なのか?というミステリー部分を堪能できたけれど、これ、回り舞台での転換だからスムーズだったけど、そういう装置がない劇場だとどうするんだろ。やっぱり中国側は下手固定にして、上手や奥側で場面が変わるアメリカ側を作るんだろうか。アメリカ側は装置で説明する場合が多いから、それでも転換は大変かなとか、いろいろ考えてしまった。
栗山さんのコメントに「シャッターを切るように」場面転換すると書かれているのだけど、まさしく、ほんの一瞬だけのために場面が流れたりする。テレビドラマならフラッシュバックのカットシーンとして出てくるように。それを舞台に上げるって本当、大変な作業。演出し甲斐があるっていう面もあるけれど。
最後に重たいものがずしりと届けられ、これじゃカーテンコールで笑顔なんて見せられないわなという幕切れ。後味が悪いというよりもこれは誰かに伝えなくては、と思わせられた。

以上、長々と連ねましたが最後まで読んで下さりどうもありがとうございました。もう少し戯曲を読み込んだり天安門事件についてをもっと良く調べたらちゃんとした考察が出来たのかもしれないけれど、取り急ぎのエネルギー放出としてお許しください。
20代の頃は土日の上京でマチネソワレマチネとはしごした時期もありましたが結婚や病気のために芝居を観ることから遠のき、特に持病が持病なのでもう長時間座ることなんて出来ないと思っていただけに、今回は本当に幸せな時間を過ごしました。この先、いつまで観られるかということを考えるとこれからは機会があったら、体調が許してさえくれればまた、どんどん芝居を観たいと思っています!
スポンサーサイト

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

読んだ本と観てるドラマ

読み終えました。
黒いアリバイ (創元推理文庫)
ウィリアム・アイリッシュ
東京創元社
売り上げランキング: 451,400

最後はなんじゃこりゃー!になりました・・・。
謎解き(なのか?)までは以前書いたように、なかなかワクワクさせられたのですが・・・。
「黒衣の花嫁」と「喪服のランデヴー」が読みたいよ・・・。

そして、ついに観始めてしまいました。
ダウントン・アビー シーズン1 バリューパック [DVD]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-12-07)
売り上げランキング: 2,940

テレビが映らないので未見だったのですが、U-NEXTにあったのでうっかり観てしまいました。
絶対、ハマるから観ちゃダメだと思っていたんです。
予想通りでした。
エンドレスで観られるので切りどきがまったく分からない。
おまけにシーズン6まであるなんて信じられない。

いったいどうしたら良いんだろう。
U-NEXTの無料期間内に観終わるのかな。

いった年きた年

昨年はブログを再開し更新もちょこちょこ出来るようになりました。
「ラジオの友は真の友」状態だったのに、おっさんずラブと出会ってしまって以来、ドラマの見逃し配信や過去の邦画を観る生活になっています。本年もよろしくお願いいたします。

<いった年の総括>

★映画館で観た映画
・グレイテストショウマン
・万引き家族
・名前
・ボヘミアンラプソディー

昨年もJ-Maxシアターのおかげでスクリーンで映画が観られるという恩恵に預かりました。
(名前のみほとり座)
観たい映画はもっとあったのですが、時間が合わなかったりでこれだけ。
こうやって見たら有名どころしか観てないなぁ。

★ネットで観て良かった映画
・銀魂1
・帝一の國
・にがくてあまい
・グランドイリュージョン

邦画が多いのは・・・林遣都君と菅田将暉君の作品を掘り出してるから・・・。
銀魂は何度も何度も観ちゃうんですよねぇ。なんでだろ。

★毎週欠かさず配信を観ていたドラマ
おっさんずラブ
探偵が早すぎる
dale

おっさんずラブは母の好きな眞島秀和さんが出るからって軽い気持ちで観始めたのになー。どっぷり浸かってしまい、私の目の前には、ラブ展で買ってきてもらった天空不動産ののぼりまで立っています。
探偵が早すぎるはなんでだろ、たんにお話がおもしろそうだったからかな。そうだったら私の感に感謝。続編はもちろん、1話から改めて観たいです。
deleは菅田君目当てだったけど、内容も良かった。これも1話からもいっぺん観たいです。

★参加したライヴ
・BRAHMAN
・ACIDMAN

夢だった「死ぬ前に生TOSHI-LOWを観たい」が叶いました。チケットを取ってくれた店長、ありがとう!
良かった・・・。そして一部の観客の方々、こわかった・・・。
ACIDMANは今回は後ろにいようと思ったのに、ピアノを弾く大木君を観たさに結局上手前方へ行ってしまい(笑)、でもそんなに激しい歌は続かず、自分の意志と関係なく縦に飛ぶこともなく、助かったです。
今年のツアーチケットは諸事情によりまだ取ってないのですが、思い出したら行きたくなりました。うーん。

★観た舞台
・M&Oplaysプロデュース/市ヶ尾の坂
・卒塔婆小町/神田松之丞(講談)

市が尾の坂は椅子に座って観ていられるかとても心配だったけど、どうしても行く!と衝動的にチケットを購入したのですが結果、芝居を観ていられる(=長時間座っていられる)という自信がつきました。
卒塔婆小町は松之丞さんがツイートで出演するとつぶやかれたのを読んで即、チケットを確保。おかげで前方で観られました。初めて講談を聞いたので上手とかそういうのは分からないけれど、引き寄せれる力があって凄かったです。次は富山に来て!

<きた年の予定、希望>

★観たい映画
ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス
斬、
taxi ダイヤモンドミッション
ジョニー イングリッシュ アナログの逆襲
・おっさんずラブ 映画版

★観たいライヴ
・ACIDMAN

今回は以下の芝居が決定しているので自粛したのですが・・・。

★観る舞台
・チャイメリカ
・プラトーノフ(これは富山で)
・熱帯樹

芝居を観に遠征をするなんて20年ぶりぐらいかもしれません。楽しみで楽しみでしゃーないです!

★観たい舞台
・神田松之丞さんの講談
・富山に来たものでおもしろそうなの全部

動ける時に動きたいです。
しかし、昨日から今日にかけてカウントダウン花火を観に行き、ちょっと疲れたな・・・と思いながら布団に入ったところ、目が覚めたらもう旦那が仕事に行ってしまっていました。うーん。
なのでとにかく体調に気を付けて、すぐいい気になってあちこち動いたりした結果、夜になると寝込むということが何度もあるので今年はそれだけは避けたいです。

あとは本を読んで手仕事ももっともっと楽しみたいです。

年末行事

今のおうちに引っ越してから、年に2回、茅の輪くぐりに行っています。
いちどだけ仕事の休みと日程が合わず、年越の大祓へ行けなかったことがあるのですが、そうするとなんかこう、むずむずするようになってしまいました。
夏越の時に頂いた玄関に飾るちっこい茅の輪をお返し出来なかったのでさあ、どうしようと思っていたのですが、ちょうど左義長があったのでお願いできましたことだけは助かったです。

明日から仕事なので今日、行ってきました。
例年、祝詞の前に神主さんからありがたいお話が聞けていたのですが年々、それが短くなり、今年はついに大祓の説明だけでした。参加人数が増えてきて回転を早くしないといけないのかな・・・。いつも楽しみだったのにちょっと残念。
大祓の説明もどんな神様がどんなことをして下さるというお話をされた時もあり、それ以来、大祓のたびに最終的にまとめられたすべての罪の処理を引きうけている神様は大変だなぁと思うのであります。

帰りは週刊誌と定期購読している月刊ふらんすを引き取りに紀伊国屋書店へ。
最近、ちょこちょこ寄っているので他のものは買わず(もちろん欲しい本はいっぱいあるのですが)。えらい、私。

今月のふらんすの特集は漫画。
80年代のフランスのお子たちは日本のアニメだとは知らずにいろんな作品を観ていたそうで、その中のひとつがこれ。

日本語の歌詞を和訳しているのだろうか・・・。
アニメから入って原作の漫画にたどり着き、当時はアンダーグラウンドで日本の漫画が仏語訳されていたそうです。

15年ほど前に私が買った仏語訳漫画はこのシリーズ。
IMG_20181228_132211.jpg
日本の女子高生の日常ゆえ、時々注釈が入ってます。
アニメのDVD BOXは(持っとんのかい!)注釈の冊子付ですからねぇ・・・。

月刊ふらんすを買うといつも、フランス語を頑張ろうって思うんですが、次の日にはもう忘れてる(笑)。
言い訳をすると、指が痛くて筆記用具が持てないから手で書いて覚えられないことが致命的欠陥。

買った週刊誌は対談が載ってる週刊文春なので最後にひとこと書いちゃおう。
神田松之丞さん、真打昇進おめでとうございます!
さ来年の2月、歌舞伎座でのお披露目(笑)に絶対、お伺いしたいです。
チケット、取れるかな。無理だろうな・・・。


風邪の時には鍼灸院

久しぶりに風邪をひいた。
27日の朝、起床→のどが痛い。体もちょっとてきない(※富山弁でだるいとかしんどいとかの意)。
出勤→顔がどんどんほってってくる。頭もぽやんとしている。
昼食→何事もなかったかのように社食の定食をガンガン食べる。
昼食後(まだ休憩中)→眠くて眠くてたまらなくなる。
勤務に戻る→あたりがぽやんぽやんしてくる。それでもせねばいけないことを全うする。(えらい)
夕方休憩→いつもの漢方薬を飲んで時間いっぱいうとうとする。
休憩後定時まで→ほぼその場にいるだけ。幸い暇だった・・・。
定時→即、上り。デパ地下でお好み焼きとパンを買って帰宅。
即、食べ、即、寝る。
この時点で高熱だったら私の特効薬であるネオ眞治を飲むのだがさほどでもなさそうだったので服薬はなし。
その代わり旦那が喉に噴射するアロマと経口補水液を持ってきてくれたのでそれで様子見。
経口補水液がとても美味しかったので熱があったのだと思う。
ネオ眞治をのむとものすんごく汗が出て熱が一気に下がるのだが、今回はそこまでじゃないけど、ある程度汗はかいた方が良いので、そんな時はいつも「どてらを着てこたつに入って鍋焼きうどんを食べる私」をイメージすることにしている。
これが結構、汗が出るのだ。妄想が激しい性格なのかもしれないけれど。
夜中に何度も経口液を飲む→トイレに行くを繰り返す。

明けて28日の朝。
ちょっと汗をかいてるようだし、経口液がまずい。
きっと熱が下がっているのだろうと体温を測ると37度3分という微妙な数字。
喉の痛みは変わりなし。幸いこの日から3日間は仕事なし。
29日の友との予定はこのあと日にちの変更をお願いしたので、いちばん近くの出かける予定は30日の夜。
そうはいってもやはり医者に行った方が良いような気がするが高熱ではないとはいえ風邪をひいてる体で徒歩圏内の病院というのは全く思いつかない。なのでGoogle先生に訊いてみたけどいまいちピンとこない。

どうしたもんだろね、と思っていたところに旦那から「鍼灸に行ってみたら」という言葉。
確かにいちばん近い治療院は何回か通った鍼灸。
風邪でも良いのぉ~?と思い一応電話で訊いてみたら大丈夫というご返事が来た。
普通は風邪ぐらいで保険のきかない鍼灸には行かないだろうけど。

で、行ってきた。出費は痛かったけどこれ以上、西洋医学の薬を飲みたくなかった私には良かったと思う。
ついでに腕が痛いー、首が痛いー、ひいては顎関節がもう、大変なことになってるんですぅーとまでお願いする始末で、しかしながらこの顎関節への処置がものすごく有難かった。ビックリするぐらい痛かったけど(先生からここがそこまで痛い人は珍しいと言われた)、翌日の口を開けたときのがっくがくがほぼなく、ごはんを食べるときもいつもみたいに数度、顎のおさまりを確認するすることもなくすんなり食べられた。
先日、旦那がびっくりするぐらい、私は耳鳴りがするぐらいものすごい大きな顎の関節の鳴る音がして以来、突然、開かなくなったらどうしよう、相談にのると言ってくれた歯科医の元へ行こうかと思っていたのだけど、これならまた、来月にでも鍼灸に行けばいいかもしれない。

29日の今日、完治ではないけれどお布団からは出られた。
編み物も少しできた。
夜ごはんのスープも作れた。
明日はもっと元気になる。
プロフィール

とりほ

  • Author:とりほ
  • 手仕事とフランス映画とフランス音楽が大好きです。
カテゴリー
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カウンター
ブログ内検索
アーカイブ
リンク
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
Firefox
Firefox をダウンロード!!
QRコード
QRコード
RSSフィード