一気にミシンがけ

  • 2016/07/05(火) 10:51:41

年に2度、「ほんのふく」として参加するイベントが間近なので、ブックカバー量産の時期が来ました(スロースタート過ぎ)。姪の娘ちゃん用のワンピースの仕立てもしなくてはいけないので、今月の手仕事はミシン重視ということにしました。頑張るぞー。

ミシンをかけるのってそんなにたいそうなことではないのです。幸い、常に目の前にスタンバっているのでしまい込んでるから出すのがめんどくさいというわけでもなく。それならばなぜ、ミシンがけをするにあたってそんなに気合い(笑)が必要なのか。

それはアイロンがけが必要になるからです!

縫い物の出来は綺麗に縫える云々は60%ほど。あとの40%は要所要所でアイロンをきっちりかけられるかどうかです。(数値は今、思いついただけで根拠はないです)
アイロンがけは場所を取ります。その分のスペースが必要になります。そして熱くなるので心配性の私は出かける前にかけることが出来ません。なによりうちのアイロンはスチームも可能なので重いです。腕が痛くなります。以上の理由で縫い物をするときはものすごく気合いが必要になってくるのです。

そういった中、完成しました~ヽ(*^。^*)ノ。

0705_1.jpg

姪の娘ちゃんにクロッシェワンピース。
クロッシェ部分で頑張ったのは大量のピコット、スカート部分ではギャザー寄せ(笑)。
お袖の左右ネット編みの大きさが違うのはご愛敬ということで。
不思議の国のアリスのモチーフとはいえちょいちょいグロなキャラクターが登場してるリバティのギャリモジャの生地に娘ちゃんが泣きませんように・・・。

続いて。以前載せた、手作りイベントで買ったred beandsのスカートキット。

0705_2_20160705101023b50.jpg

布端の始末がロックかジグザグで、あとは折って縫うだけの簡単な工程なのですが、今のミシンにしてから初めてボタンホールを縫いました。説明書を引っ張り出してやってみたら勝手にやってくれることに感動しました(笑)。
型紙を作っておけば超量産出来る使い勝手の良いスカートなので、次は違う素材で作りたいです。

こちらもキット消化。favoriのバッグキット(応用)。

0705_3.jpg

基本とは違うデザインなのですが、おもしろい形なので作ってみました。手を抜いてハンドル部分のフリーステッチを省略したら、やっぱりぺったりした印象になってますね・・・。デザイナーさんに申し訳ないことでした。タティングレースでも作って縫いつけてみます。

裏側はこんな感じ。

0705_4.jpg

このフォルム、なんだかこれに似てませんか・・・(笑)。

さー。徐々にエンジンがかかり出してきました!えいえいおー!

スポンサーサイト

作ったのは去年の夏

  • 2016/05/31(火) 18:12:42

今日は日差しが強かったので買い物に出るときに日傘を差して行きました。
持病のせいで傘を差すと腕がしびれてくるのであまり持ちたくないのですが、かなり昔、東京に行ったときにあまりの暑さに耐えられなくて日傘を買ったこともあります。
が、今日持って出たのはそれではありません。
去年、手づくり雑誌「favori」の付録キットで作った日傘です。
日傘を作る?!かなりビックリしましたが出来るもんなんですねぇ。

こんな感じに仕上がってます。
0531_2.jpg

布は「ファブリカ・ウカ」のもの。
裁断がいちばんめんどくさかった覚えがあります。(なんでも裁断は嫌いなのですが)

刺繍をするのも良いでしょうとのことだったので、
0531_1.jpg

1面だけ、ステッチしてみました。

ひとつ後悔しているのはどうせ折りたたまないのだから、傘を留めるストラップは内側ではなく外側に縫いつければ良かったこと。開かないようにしたいときは編んだシュシュでくくっています。(持ち手に傘の骨の先端が収まるようにはなっているのですが)
雨傘も作ってみたいんですが、撥水加工の布ってそもそも手にはいるのかな??まさかリバティのラミネートでってのは無理だろうなぁ・・・。

ニットカフェ&チェッカーショール

  • 2016/05/25(水) 17:39:32

今日はニットカフェに参加してきました。
用意して下さっているお弁当タイムをはさんであとはひたすら、お話しながら編み編みするいちにちです。なんて贅沢で楽しい時間なんでしょ。今日は皆さんの編み物はじめて物語も聞かせてもらいました~♪おうちに編み物をするおばーちゃんやおかーさんが少なくなってきているとしたら、子供の頃から編み物に触れる機会ってあんまりないですよね・・・。ここ最近はある程度大人になってから学校なり職場、もしくはイベント会場で編み物に出会う方が多いのかもしれません。
今日編んでいたのは相変わらずのブルガリアスカート(^^ゞと、それに飽きたときのために持っていってた「すてきにハンドメイド」最新号掲載の広瀬先生のお散歩バッグミニ。スマホケースにするべく頑張っています。いや、そろそろ布系に戻らなくてはいけないのですが・・・。

以前買ったケストラーさんの「チェッカーショール」が完成しました~。
0524_1_20160525171654f33.jpg

出来上がり写真を見たとき、どうやって編むんだろう??とがぜん興味が沸いて、速攻で購入。棒針編みでかつ、うっかりして輪針を使わなかったので指が痛くなったり腕が重くなったりしましたが、編み方にただただビックリして早く完成させた~い!と頑張ったのでした。所要時間の目安は20時間と書かれています。使う玉数は4玉なのでひと玉5時間。4日で出来そうな計算ですがそれは無理でした。

はおってみました。
0524_2_2016052517165568c.jpg

ちゃんとチェッカー模様になってる。良かった~。
楽しかったけど棒針編みはしばらくはブルスカだけで良いかな・・・。かぎ針編みよりも身体への負担が大きいです。

0524_3_20160525171656f8c.jpg

これが残り毛糸ぜんぶ!正直、ヒヤヒヤもので編んでました。私の手が緩いことがエジングハンカチに続いて証明されたようです。

今回は柳屋さんのネット通販を利用しました。
【着分セット】 ベルンド・ケストラーオリジナルキット ◆チェッカーショール◆内藤の手編み毛糸【編図レシピ付き】【NAITO】 - 毛糸・手芸・コットン 柳屋 http://www.yanagi-ya.jp/item/yg16012-020003/

母の日には間に合わず

  • 2016/05/11(水) 18:43:27

オリムパスのエジングハンカチキットが編み上がりました~ヽ(≧∀≦)ノ。

0511_1.jpg

糸始末はまだしてませんが(笑)、アイロンはかけました。遠目かつあたたかい目で見てやって下さい・・・。
もともとのハンカチのレース部分の山の数や位置が編み図と微妙に違うんです。なのでまず最初の仕事は山の数を数えて、編み入れる場所に印をつけることでした。ここでくじけそうになりましたがなんとか数を合わせて編み始めました。あとは細かいというだけで難しい技術は必要なく、ひたすら頑張るのみ。しかしですね。最後の段がね、鎖3目のピコットなんですよ。
40号レース糸レース針6号で鎖3目のピコット!
老眼にはキツいっす・・・。最後の段になって数日放置してしまいました・・・。

しかしやまない雨はない。編み続ければいつかは終わる。
頑張りました。頑張りながら気になったのは糸の残り状況。ピコットを作っているうちに芯の段ボールがすっかすかに見え始めていたのです。ドキドキがとまりません。ピコット残り1個で糸が足りなくなったらどうしよう。お守り代わりに1玉、買っておこうか。どうせタティングレースで使うだろうし。と思ったのですが、今日行ったお店には白しかなく・・・。同行していた母はあっさりと、
「最後の段だけ白で編めば?」
もうすぐ終わりそうな最後の段の黄色いピコット達をいったんほどけと?!
きゅっきゅに編んで編んだ結果、最後はこの通り、

0511_2.jpg

これだけ残して完成しました。はぁ。疲れた・・・。
もう1個買ってあるキットはしばらく寝かせます。
でも楽しかった!やっぱりかぎ針の方が好きかな~。

ここ最近の仕上がりもの

  • 2015/05/10(日) 17:44:04

前回のエントリで書いたように、左目の調子が良くないのと出かける前はアイロンがかけられない病なので、ブックカバーやタクタクを作ることが困難な日々です。商売あがったり。
それでも何か作ってないとどうかなっちゃう病なので、もっぱら小物を縫ったりとか編み物をする毎日です。

はんど&はあとの付録キット。
KIMG0489.jpg

ぱっかんと開く口金で作るファスナーポーチです。
KIMG0492.jpg
こういうのを作ってみたかったので苦手なファスナー付けも頑張りました。大きく開くのでメイク道具を入れるポーチにぴったりなのですがそれも手づくりのを使っているので、これは編みかけの小さいマフラーを入れて持ち歩いています。

かぎ針編みのバッグ
KIMG0494.jpg

アルネ&カルロスデザインのモチーフ編みです。
びよんびよんのびる毛糸なので引きの具合が良く分からない。いや、引いちゃいけないんでしょう。私は編むときに引くクセがあるので苦労しました。持ち手もびよんびよんします・・・。久しぶりのモチーフ編みは楽しかったです。ただ、糸始末はめんどくさい!


かぎ針編みのベスト
KIMG0488.jpg
混ざり糸なので編み方はシンプル。ほとんど鎖編みをしているようなものでした。なのであっという間に完成。横のサイズが大きくなったので、自分の手の緩さを痛感しました。

かぎ針編みのショール
KIMG0485.jpg
今発売中の毛糸だまに掲載のレシピです。
本来はこの毛糸でボレロを編むつもりだったのですが、糸は割れるしついているぷちぷちが邪魔だし(笑)、編み方であるかけ目して2目いちどというのがなかなかなかなかうまくいかず、とりあえず糸に慣れようとこのショールを作ってみたのでした。ドライブ編みというのは目の粗さや不揃いさが目立たなくて良いものですね(^^ゞ。
問題は編み終わりと編み始めの「チェーンペトゥール編み」というものでした。編み方としてはすぐに理解出来たのですが、40目なのに60目拾う???良く分からないので適当に渡り糸からすくいました。自分のだからま、いっか。
というわけでいよいよボレロに着手してます。今のところはなんとか9段目。

水曜に眼科へ行って来ますが、どうなるんだろうなぁ。人工の方なのでいったいどういうことなのか、さっぱり分かりません。裸眼は変わらない気がするので余計不思議。