豆本教室6回目

  • 2014/09/30(火) 07:39:53

上半期最後は「角背本(無線綴じ)」でした。
その名の通り、糊綴じの本です。
開いているうちにバラバラ~になってしまうアレ!

完成したのがこれです。

0930_3.jpg

載せている台に色気がないですが、出来上がりに感激!
なんだか上質な本!って感じ、しませんか。
改めて見てもこんな素敵なものが作れるなんて!とものすごく感激しています。はー。カッコ良い。

開いたところ。

0930_4.jpg

背中の上下に「ちり」と呼ばれる色が付いた紙も入ってます。
ホンモノの本だよ!本!(興奮が冷めない(^^ゞ)

こんな材料たちで作ります。

0930_5.jpg

早く作らないと工程を忘れちゃう~。

来月から下半期に突入です。
次は糸で綴じる方法を教えてもらって、11月は毎年恒例になっている来年の手帳を作るそうです。
ベテランさんに混じって、大丈夫かな?
混じってと言っても私が通っている曜日、来月からふたりになるかも・・・。
他の曜日に変わって下さいって言われないか心配・・・。

※ちなみにこれを書いている今、流れているラジオから先生のインタビュー番組が聞こえています★

スポンサーサイト

フォルツァ通い

  • 2014/09/25(木) 23:28:27

2日続けてフォルツァ総曲輪へ行きました。

23日はライヴ「点と点」。
sebuhiroko the hell club (世武裕子+白根賢一/GREAT3) と グッドライクヘイワのライヴです。
実はどちらも知らなかったのですがイベンターの女性とお友達で、「かっこいいのでぜひ!」とお誘いをもらい、運良くバイトもお休みだったのでお伺いしました。

チケット代を払うとかわいいミサンガを手首に巻いてくれました。
出入りの際の半券代わりです。
ホールの中はグランドピアノとドラムスをぐるりと囲む客席。
普段は舞台な高台部分にも椅子があり、私はそこへ着席。

最初は世武裕子+白根賢一/GREAT3

ふんわりした歌声が時には激しいピアノに乗って、ひきこまれていきました。最後に唄われた確か「ロンググッバイ」というタイトルだったと記憶しているのですが、それがとても印象的でした。

これも唄われました。大好きなおばあちゃんを想って作られたうただそうです。


休憩中にドリンクチケットで飲み物を頂いたり、出店されてるくじら堂さんのベーグル覗いたり、ごはん食べてきたのにfam's deliさんのメニュー眺めたり(終演後、無理を言って持ち帰りにさせてもらいました。美味しかった♪)。

そしてはじまりました、グッドラックヘイワ

キャップをかぶりものすっごいラフな格好で生ピアノをあやつる野村卓史さんと華奢なベビーフェイスでありながらその演奏はとてもパワフルで、口笛もキュートな伊藤大地さん。
私の席からは野村さんのピアノを弾く指がばっちり見えてラッキ~★だったのですが、大地さんのドラムスの足が全然見えなくてちょっと残念でした(贅沢ですね(^^ゞ)。
ドラムスがリズム隊じゃなくてまるでひとつの旋律担当の楽器!びっくりです。
いや~。格好良かったですわ!
イベンターの彼女が「彼らの音楽をたくさんのひとに聴いてもらいたい!」って頑張る気持ちが良く分かりました。素敵な方々を教えてくれてどうもありがとう!



CDが欲しかったんだけど現金の持ち合わせがなくて(苦笑)。
それにACIDMAN同様、物販は大事!だったのでしょうが貢献できなくてスミマセン・・・。

夜の10時まで過ごしたその場所に、翌24日の朝イチで行って今度は映画「グランドブダペストホテル」を観てきました。


この監督の映画は今までテーマがぴんと来なかったので未見だったのですが、今回は予告を観ておもしろそうだったのでとても楽しみにしていました。ビビットで懐かしい気持ちになる色彩、独特の間と駆け抜けるテンポのコントラスト、感想のすべてが内容にふれますので、今回も追記で。この投稿が新着の間は広告の下に「続きを読む」的なことが表示されていると思うので、良かったらそこから読んでやって下さいませ。

続きを読む

ためてたものいろいろ

  • 2014/09/23(火) 08:16:39

気がつけば10日以上も放置していました。
バイトが休みでも予定があったり家でやることがあったり、
そしてまたバイトがあったりで疲労感がハンパありません。
なんでだろうな。ちゃんと薬、のんでるのに。
(その大切な薬が最近、肝臓にダメージを与えるかもしれないという報道があり、ちょっとドキドキしています。)

食べたものたちをのせていないことに気づきました。

ひとつめ。Chill Out&ソフトクリーム畑のスフレホットケーキ。
0915_2.jpg
ココナッツクリームトッピング。
想像通りの味と食感。おいしーです(^o^)/。

百貨店のレストラン街のおそば屋さんでいつもの野菜天丼&おうどん。
0922_1.jpg
海老抜きにするといつも他の具材を足して下さってるようです。
ありがとうございます(^o^)/。

地場もん屋にて富大生さんが期間限定出店中のスムージーやさん。
0922_2.jpg
疲労回復、美肌、デトックスなどの4種類あるメニューを見てたらおにーちゃんが出てきて
「何か気になるの、ありますか?」と訊いてくれました。
今いちばん必要なのは疲労回復なのでそれをお願いしました。
名前は「来夏(こなつ)」。ニンジンとあとはフルーツいろいろ。
つぶつぶが残ってて美味しいです(^o^)/。季節的にちょい寒いけど(笑)。
地場もん屋の奥だから人目に付きにくい場所でかわいそう。
他のものも試しにまたお伺いしようと思います。

来月に迫った公演に向けて、先だって劇団で合宿をしました。
今までは自分たちでごはんを用意する施設だったのですが、
そんな面倒なことはしたくない、と今回は上げ膳据え膳のホテルで。
0907_2.jpg
幹事さんが気を使ってくれて、私だけ海老抜き肉抜き生魚抜きでした。
なので女優さん達とは違うメニューがいくつもあって、
そのひとつがこの尾頭(尾はない?)付きの煮魚。
土瓶蒸しもあったりで美味しかったです(^o^)/。

月いち診察時、久しぶりに血液検査をしました。
コレステロール値をみて欲しかったからなのですが、
「貧血『気味』」だったのが「貧血」と診断されてしまいました。
レバーとか豚肉を摂取出来ないのでどーしたもんかなと考え、
0904_5.jpg
とりあえずこんなの買ってみました。
あと、ひじきと大豆製品を意識して摂るようにと考えているのですが、
元来がベジの我が家でこれ以上、どうやって葉野菜とかを摂れと言うの・・・。

おまけ。昨日買った本。

マリー・アントワネット ファッションで世界を変えた女マリー・アントワネット ファッションで世界を変えた女
石井 美樹子

河出書房新社 2014-06-13
売り上げランキング : 120509

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まだ最初しか読んでいないのですが、
当時、マリー・アントワネット人形が売られていたということに興味津々。
今作っても売れると思います!
ワードローブがドレスオンリーの人形なんてすっごいじゃーないですか。

エコバッグ

  • 2014/09/12(金) 14:13:04

「はんど&はあと」の付録キット、ソレイアード生地で作る旅行グッズ。
ポーチやスリッパ(ばぶーとかなんとか言うやつ)などの中から無難なエコバッグにしてみました。化粧ポーチも欲しいのですがこのサイズはちょと違う、などと思いまして見送り。

生地をカットしてびっくり。ソレイアードは柄布だから良いとして、もう1枚合わせる生地が白であるだけじゃなくてもう、ぺらっぺらですけすけ。裏地をつけないから中に入れたものが丸見えではないか?と思い、布箱からごそごそ探して、サイズ的にも大きな加工がいらなさそうなのを内袋というか裏布にしてみました。

まずは完成品全面ソレイアード側。
0912_1.jpg

続いてすけすけ側。
0912_2.jpg

うっすらと裏布が見えておりますが、その裏布はこれです。

0912_3.jpg

マトリョーシカてぬぐいです。
すけすけ側からぼんやり見えるのがなんだかカワイイかなと起用してみました。
わきの縫い代が丸見えなのでリバーシブルにはなりません(^^ゞ。

エコバッグなのでたたんで内側につけるポケット部分に収納できます。

0912_4.jpg

そのポケットは例のぺらっぺら白布なのですが、こうやってみるとあんまり透けないです。で、さみしかったので本来ならこのはしごレースでボタンを留める、というしまい方なのですが、レースにリボンを通してそれを結ぶことにしました。ちょっとだけ水色が加わった分、真っ白よりはかわいくなったでしょうか。

楽園のカンヴァス

  • 2014/09/11(木) 21:33:09

楽園のカンヴァス (新潮文庫)楽園のカンヴァス (新潮文庫)
原田 マハ

新潮社 2014-06-27
売り上げランキング : 1370

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容紹介
ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。山本周五郎賞受賞作。


書店に平積みされているのを見たときからおもしろそうだなと思っていたのですが、うちにいっぱい読んでない本があるじゃないか、ガマン、ガマンと。しかしここ最近、再び本を読むことが日課となりつつあり、買っておいても良いんじゃね?と自分を甘やかして、未来の自分にツケて購入。頑張って働け、私。

ちょっとだけ読んでみようと開いてしまったらさー、大変。止まらない止まらない。速読出来ない自分がじれったく思えるぐらい、どうなるの?この先どうなるの?と気になる反面、物語の世界をじっくり楽しみたい自分もいて。夕べは寝る直前まで読んでいたので、布団に入ってからも登場人物達のことが気になってしかたなかったです(^^ゞ。そして今朝、起きていきなり読み始めて読了。その後も部分、部分を読み返したり、最後の場面を何度も何度も読んだり。(こういう余韻のラスト、大好き!) 
買って良かった!
この先きっと、何度も読み返すと思います。
内容に関しての感想とか細かく書きたいのですが、そうなるとネタバレ的なことに触れないと全く無理な話なのです。それにひとつだけ、腑に落ちないというか、どうしてそうなった?と思う点があるのです。詳細な感想はさておき、それだけを追記に書いておこうと思います。

※wiki読んでビックリ!作者さんのおにーさんって原田宗典さんなんだ!!!いやーん。原田さんと言えば小説よりも東京壱組よりも、歯科医でのこんにちはこんにちはこんにちは!の話、なんですよねぇ・・・(^^ゞ。

追記は↓から。 広告を挟んでいる場合もあります。

続きを読む

編み物と編み物みたいなの

  • 2014/09/10(水) 17:03:56

ハマナカさんのモニター、エコたわし。調子にのって引き続き編んでます。

0910_1.jpg

ちょっとしたホコリ取り用。実家の母親にテレビのホコリでも取って~と渡しました。
リング編みにもだいぶ慣れてきました。

0910_2.jpg

そしてもひとつ同じものを色違いで。
右はいただいた本に載っていたドレスみたいなミトン、編んでみたかったのでそれも作ってみました。
しかしもらった玉の色が地味なのでこんな配色に・・・。

次。Rainbow Roomで作りました。フルセット、買っちゃったんですよね、結局。

0910_3.jpg

アヒルです。誰がなんと言おうとアヒルです!
youtubeで公開されている異国の方が指南している動画を何度も何度も戻してやっとここまで作ったのですが、くちばしと最後の最後の綴じるところでゴムが切れてしまってます(T^T)。投稿者はおしりの部分にまだ加工されていたのですが、気持ちが萎えてしまったのでここまで。
結局は鎖編みを作れば良いのかなとちょっとだけ理屈が分かったような、でもそんな単純でもないのかな。

0910_4.jpg

大きさはこれぐらいです。
投稿者さんが輪ゴムをひっかけるフックにこれで作ったラバーカバーをつけていらっしゃったので、うちのかぎ針達にもこれでカバーを作ってみることにしました。最近、買ったかぎ針はグリップ付きなのですが、昔から持っているものに関しては両側がかぎ針になっているのでグリップはないのです。真ん中にラバーカバーをつけたら指の負担が少しでも減るかな?

我が家の問題/妻の沈黙

  • 2014/09/07(日) 17:46:16

我が家の問題 (集英社文庫)我が家の問題 (集英社文庫)
奥田 英朗

集英社 2014-06-25
売り上げランキング : 1718

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容(「BOOK」データベースより)
夫は仕事ができないらしい。それを察知してしまっためぐみは、おいしい弁当を持たせて夫を励まそうと決意し―「ハズバンド」。新婚なのに、家に帰りたくなくなった。甲斐甲斐しく世話をしてくれる妻に感動していたはずが―「甘い生活?」。それぞれの家族に起こる、ささやかだけれど悩ましい「我が家の問題」。人間ドラマの名手が贈る、くすりと笑えて、ホロリと泣ける平成の家族小説。


短編集「家日和」がおもしろかったので、同じ傾向の短編集ならハズレないだろうと購入しました。「家庭の問題に悩む夫婦は妻が専業主婦である」という前提がある気がするのはちょっと気になりますが(もうひとつ引っかかる点があるのですが、それは壮大なネタバレになるので伏せます)、全6話、とてもおもしろかったです。すっきり結論付けていない終わり方をしているお話もあるので、そういうのが気になる方以外はラクに読める本としてオススメします。私が好きなのは「ハズバンド」かな。この奥様、めっちゃカワイイ。心配性というのは他に気持ちが向けばそんなに気にならなくなるものなのです、きっと。
最後の「妻とマラソン」、読みながらあれ?と思ったのですが、やはり「家日和」に登場する作家一家の後日談でした。以前、その「家日和」を買ったきっかけというのがその物語-妻がロハスにハマって大変-に惹かれたことだったので、再会できてうれしかったです。

続いては書かないでおこうかなぁとも思ったのですが、やっぱり本は読んでおこうよという意味で記しておきます。

妻の沈黙 (ハヤカワ・ミステリ文庫)妻の沈黙 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
A S A ハリスン A. S. A. Harrison 山本 やよい

早川書房 2014-08-08
売り上げランキング : 7006

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容(「BOOK」データベースより)
不動産開発業で成功を収めた夫トッド。彼を支えるサイコセラピストの妻ジョディ。二十年以上連れ添ってきた二人の生活に、ある日亀裂が入った。トッドの浮気相手が妊娠したのだ。まだ見ぬ我が子に心を奪われはじめるトッドと、すべてを知りながら何も言わないジョディ。二人のあいだの緊張が最高潮に達したとき、事件が起きる―。誰にでも起こりうる結婚生活の顛末を、繊細かつ巧妙に描いたベストセラー・サスペンス!


世界27カ国で戦慄した結婚生活、なんて帯のあおりを真に受けたのですが、私はダメでした。何がダメって結局ジョディへ感情移入できなかったことです。
夫であるトッド側と妻であるジョディ側を語る章が交互に出てくるという構成なのですが、トッド側の方が私にははるかに読みやすいです。それはジョディのある隠された過去が最後の最後で語られるため、その伏線を無理にすこーしずつ小出しているせいのような気がします。かといってトッドの方に肩入れするかというとそうではないです。どっちもちょっとなぁという印象。なのでラストは解せないです。
この小説、ニコール・キッドマン主演で映画化されるという報道があります。
えー。そうなのー。仕事、選ぼうよー。
(と書いた後ググったら、プロデュースもやるらしい記事を発見。そんなに気に入った?)

バッグかんせい

  • 2014/09/04(木) 19:43:52

バッグが大好きです。
お洋服よりも好きです(ちなみに靴も好きです)。
好きなのでいっぱい作りたいのですが、そんなにもいらないし・・・。
ですが、「すてきにハンドメイド」の最新号に斜めがけの素敵バッグが紹介されているのを見たらもう、いてもたってもいられなくなりました。腕を曲げるとしびれてくるので普段使いのバッグは肩掛けか斜めがけがほとんど。今日からも使えそうなので早速作ってみることにしました。

まずは完成品。
0904_3.jpg

本に載っているのはツートンカラーではなく左右同じ生地で作ることになっています。しっかりした生地が良いようでしたので、去年、引っ越ししたときにカーテンやさんで買ったはぎれパックに入っていたものを使うことにしました。が、どれも尺が足りなくて1枚分しかとれないようだったので、じゃあ左右変えようと。しかし赤が1色しかなかったので、白い生地の上に赤いレースを重ねることにしました。

0904_1.jpg

しょったところ。ホントはおしり部分にバッグを持ってくるべきなのですが、私はどうも、そういうのが苦手でして。前に持ってきてます。普段使っているバッグインバッグがちょうどすっぽりおさまった奇跡!早速今日から使っています。

その後は以前からオーダー頂いているハレ暦カバーを作って、まだ余力があったのでお洋服を作った残り生地でまたまたシュシュ。

0904_2.jpg

お洋服?見たことないよ?と思って下さった方がいらしたら、正しいです
オレンジの方はワンピースなのですが仕上がりがぶかぶかなので只今調整中。
ブルーのリバティ(アサカ)はボウタイのブラウスなのですが・・・(涙)。

9月に入りました

  • 2014/09/02(火) 20:48:20

今日から三連休です。(なにせ月に10日ほどしか働かないもので。)
久しぶりに体調が良かった今朝はこの3日間でやることをいろいろ考え、まずとりかかったのが・・・。

0902_1.jpg

久しぶりにパッチワーク、ナインパッチです。バイト先でパッチワークを作ることになりそうなので、予習というか復習というか。ホントに久しぶり。実はもうパッチワークでオリジナルは作らないだろうと思って、引っ越しの際にパッチワーク関連の本は全部処分したんですよね。ナインパッチの縫い方、これであってるのかな。
布は以前、フェリシモでもらったカットクロス。裁断するのがめんどくさかったのでそのままの大きさで作ってます。1枚が8センチ四方なので仕上がりは24センチ四方です。これだけじゃさみしいのでボーダーをつけてミニバッグにでもしようかな・・・。

出かける時間までもう少しあったので、お次はこれ。
0902_2.jpg

3か所ミシンで縫うだけで完成のシュシュです。ひっくり返し&ゴム通し口を手縫いでとじるのがいちばんめんどくさい作業。作り方としてはホントに簡単なので量産したい!と思うのですが、そのとじる作業が嫌・・・。

手仕事ではないのですがおまけで今日買った珍しいもの。
0902_3.jpg

フィガロはたまーに買うことがあるのですが、ELLEはいつ買ったか分からないぐらい。フランス映画についてのページが多かったので買いました。ファッションブランドとのタイアップグラビアではほー、素敵なお洋服だなーと思って値段を見るとビックリ!ばかりで、こういうの買える人たちもいるんだとまたビックリです。
しかしファッションって来年になったらもう次の流行が出るわけで、そうなると去年のものって流行を追ってる人達からは「時代遅れよねぇ」って思われちゃうんですよね、きっと。疲れそう。大変。H&Mの流行とはケタ違いですしねぇ。逆にサンローランのモンドリアン(今日、誌面で覚えた)着てたら新しいのかな。

パリの布やとか手芸やさんに行ってみたいなぁ。