ゴーン・ガール

  • 2014/12/19(金) 19:11:07

ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)
ギリアン フリン Gillian Flynn

小学館 2013-06-06
売り上げランキング : 4696

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画が公開中だし書店には上下巻がずらーっと並んでいるので、あらすじは今更書くほどでもないかと思い省略します。「その女 アレックス」の読後がもやもやしたので、もっとスカッとしたいなぁと思いながら読んだのですが・・・。

なんじゃこりゃあああああああああ!!!!!
この主人公は確かにベン・アフレックしか考えられないようなアホ男です。顎も割れているし。でもね、でもね。

はぁ・・・・。

すっきりしたかった・・・。
やっぱり海外ミステリー(ミステリー?)っておもしろいなぁって思いたかった・・・。

ググってみたところ、映画の方はやや説明不足だったり、はしょってたりするのでエミリーに対する印象が人によっては違うみたいですが、私は単なるキチガイだと思います。(自主規制)彼女もいろいろあったんだとは思いますけど、でもね。そりゃないわ。
アメリカ人にとっても「ねじまき鳥クロニクル」ってのは気取ったヤツが読むオシャレアイテムなのでしょうか。ちょっと笑ってしまいました。
さびれた田舎の地方都市がとてつもなく悲しくて、まるで数年後の・・・。いや、なんでもないです。

そんなわけで読後をすっきりさせたい私はやたらと今、文庫本を買ってます。(お小遣いを手に入れたらいちばん欲しいものを買う。それは昔から変わらないのです。つまり、本。)

《只今レビュー待機中、及び買いたてほやほや本》
・「ふたりの証拠」「第三の嘘」「昨日」(すべて アゴタ・クリストフ)
・「郵便配達は二度ベルを鳴らす」「カクテル・ウェイトレス」(どちらもJ.M.ケイン)

「郵便配達・・・」といえばジャック・ニコルソンですが、映画の方は未見です。あの例のねぇ、キッチンテーブルの上でどーのこーのとかいうねぇ、有名ですが観てないです。観てないけど、コーラって名前はなんだかセクシーだなぁって思います。はよ読も。

スポンサーサイト

その女アレックス

  • 2014/12/13(土) 09:54:31

その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)
ピエール ルメートル 橘 明美

文藝春秋 2014-09-02
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読みましたー。
毎回、「戦慄のシャドウファイア」を超えるエキサイティング感と「恐怖の誕生パーティ」を超える驚愕のどんでん返しを期待しながら新たな海外ミステリーを読んでいるのですが、今回もちょっとそれは無理でした。

ただ、え?なにこれ?どうなるの?と一気読みさせられたので確かにおもしろいと思うのです。

でもねー。
女性にはキツくないですか?
つらくてつらくて。
だから最後の1行まで読み切った時、少し救われました。

何を書いてもネタバレになってしまいます。
予備知識なしで読んで下さい。

悪童日記・Le Grand Cahier

  • 2014/12/12(金) 11:21:10

悪童日記悪童日記
アゴタ クリストフ 堀茂樹

早川書房 2014-01-15
売り上げランキング : 655

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画化を機会に新しく出版されたようで、平積みになっていたものを手に取り、フランス文学をもっと読もうと思っていたところだったので内容も見ずに購入しました。有名なこの作品ですが全く、どのようなものか知らなかったのです。

内容(「BOOK」データベースより)
戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理―非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。


双子の少年の日記という形になっているので、とても読みやすいです。映画公開記念に訳者の方がインタビューに答えていらっしゃるのを読むと、原語版もそれほど難しい言い回しを使っていないようです。うーん、挑戦してみたいなぁ。

暴力、性的、どっちの点でもかなり過激な描写が多いです。「事実だけを」淡々と「綴られている」だけに余計に想像力が働きます。彼らの感情の説明も一切ありません。正解がないのでそれがものどかしいと思うか。好き嫌いの分かれ目はそこでしょうか。私はそういう物語が大好きだし、かなり残酷な結末ではあるのですがそれに反して読後がとても爽やかだったので、今後も繰り返し読む作品になりました。

邦題の「悪童」、彼らは「冷酷」ではあるけれど決しては「悪」ではありません。訳者の方は後書きに、いささか反語の意味も込めて「悪童」という言葉を選んだと書かれています。私自身、「悪」という刷り込みがあったからこそ、読み進めていくうちにそれに疑問を持ったとも言えるのですが、ちょーっと残念な邦題であるような気もします。「悪」ゆえ、手に取らないひとも出てくると思うので・・・。ここは彼らの習って、事実のみを書き記す意味で「偉大な日記」とか、直訳で良かったのでは・・・。

超高速!参勤交代

  • 2014/12/09(火) 11:04:53

超高速! 参勤交代 [DVD]超高速! 参勤交代 [DVD]

松竹 2014-11-12
売り上げランキング : 283

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画館で予告を見ておもしろそうだなぁと思っていたのですが、上映される映画館には行けず。そんな中、実際観た両親がとてもおもしろかった!と絶賛していたので、DVDを購入しました。以下、するっとネタバレを含めながら感想を書きますので、よろしくお願いします。

DVD購入を決めたひとつめは、母親が「いきなりね!神戸ちゃんがナレーションだったよ!その後も出てきたよ!」とうれしそうに話してくれたから。神戸ちゃんとは神戸浩さんのことです。最初に神戸ちゃんのお芝居を観たのは多分、映画「ビリィザキッドの新しい夜明け」でした。強烈な個性にびっくりして(今でもコーヒーに粉砂糖を入れるときは「まずい、まずい、もっとどっちゃり」と神戸ちゃんの登場シーンが頭に浮かびます)、以来、好きな役者さんです(^o^)/。母がいつ、神戸ちゃんを知ったのかはよく分かりませんが、彼女もファンになって、映画やテレビで見かけるたびに神戸ちゃんだ!と喜んでいたのです。なので、今回、不意打ちで神戸ちゃんが冒頭に出てきて、つかみはオッケー(笑)だったようです。神戸ちゃんのナレーションが聴きたかったのがまずひとつ。

あ、もっと大切なことですが(笑)、とにかくテーマから想像するに突拍子もないコメディなのではないかと思い、以前から「深刻さ」や「泣ける」を重視する日本映画が大嫌いだったので、笑いに期待をしました。もちろん、随所随所で笑わせてもらいましたが、舞台となっているいわき市、つまり福島の今を思うととても重いテーマを訴えているようにも感じます。コメディには人情も不可欠なので、ほろりとする場面は必要なのですが、あくまでもほろりであって「泣ける」ではないのです。

物語の主人公はひたすら民のことを想う湯長谷藩主、内藤政酵。反して湯長谷藩が持つであろう金山を狙うべく今回、無茶な参勤交代を命じる冷酷な老中、松平信祝。分かりやすい善と悪。そのふたりを対比するために登場する鯛の塩焼きの使い方はおもしろいです。なるほどなぁ。しかしこの陣内さんってホントに憎らしい(笑)。藩主役の佐々木さんが本当におっとりとして民を想う慈愛がにじみ出ているだけに、陣内さんに腹立つ(笑)。

おっとりはしてますが、ものすっごい剣の達人ではあるんですよね。それは他の家臣達も一緒で、さすがに最後の隠密に囲まれる場面では「ないない」って突っ込む人が出てきそうですが、あれはあれで良いんです!だって物語なんだから。善と悪の物語だから。あれで家臣の中から犠牲が出たら、おそらく最後の徳川吉宗からのネタバラし時に藩主は激昂してしまっていたでしょう。妹姫が上地さん扮する家臣に想いを寄せているのは江戸屋敷の場面で出ていましたから、まさか殺さないだろうなぁとは思いましたが、でもハラハラしました。

あと、抜け忍に扮する伊原さんがとにかくカッコ良いです!土だらけの小銭を見たことによって改心し(っていうのかな)、藩主さんを助けに登場する場面!そこだけ2回、観ました(^^ゞ。

紅一点は深キョン。彼女が大好きなことも購入を決めたひとつなのですが、ん~、やっぱりカワイイ(^^)v。最後は妊婦さんだったような気がしたのですが、そしたら走らせないか。しかしながらなぜ、藩主は彼女に心惹かれたのでしょう。可愛かったからひと目ぼれだったって言われたらそれまでで納得するのですが、説明不足だったような。あとは生い立ちに同情したことや一緒に閉所にいたら怖くなかった、ってなところかな。綺麗な側室がやってきて、民も喜ぶでしょう。屋敷で働いている女衆からはいじめられるかもしれないけど・・・(大きなお世話)。

万事休すのところでやってくる甲本さんが藩主に扮する磐城平藩の参勤交代。この場面も良かった~。飢饉の時にくれた米には本当に助かった、そのお返しが出来るのなら、と。そして同じ磐城の藩として幕府にものを見せるためにも。うーん。何と言いますが、吉宗が大根の漬け物を絶賛することといい、野菜や穀物を誠実に育て、困っているひとには分け与える、人間にとって基本である食をおろそかにするなって言うメッセージを感じました。

しかし、最後、吉宗が湯長谷藩に対してなんのフォローもなかったことにちょいとハラが立ちます。じゃあ、おめーが参勤交代の金、出せよ!それをしないのが将軍、何を言われようと耐えるのが地方の藩主なのでしょうか。先にも書いたように犠牲者は出ていないのでそれはそれで良しなのでしょうが。隠密は山のように死んでますけどね!

長々と書きましたがとにかく、繰り返し観る映画のひとつになりそうです。ただねー、夜の場面が暗い!部屋の灯りを落とさないと見えないのです。それがマイナス点。あとは買って良かったと思います。本木監督も家老役の西村雅彦さんも富山市出身だというのに、公開が「春を背負って」と同時期だったせいか、富山でのキャンペーンはほとんどありませんでした。地元出身云々が大好きな富山なのに。なんでだ。コメディだから軽視したのか。

ここ最近の

  • 2014/12/07(日) 22:42:32

作ったものとか読んだ本、観たDVDとかいろいろたまっているのですが、遅番(それも延長営業・・・)バイト上がりでしんどいのと明日は早番ということもあるので、なんにも考えずに書ける食べ物の話を・・・(^^ゞ。

「丸亀製麺」の「知床いくらうどん」
1201_1.jpg

いくらが煮えちゃうじゃん!と不安が残りながらも、自分が食べられる新商品というのは珍しいので頼んでみたところ、美味しかったです!あんかけ状態になってるおだしと大根おろしが塩気のあるいくらとちょうど合っています。思ったよりいくらも煮えてなかったような。ちょっとお高いのが難ですが、シーズン中にもう1度ぐらい食べたいな。

今年もやってきたおにぎり。
1207_1.jpg

自作ではありません。富山駅にあるおにぎりやさんのもので、冬になると登場するぶり大根です。大根は切り干し大根が使われていて、毎年、これを食べるのが楽しみになっています。あと何回食べられるかなぁ。

「jazzる」のある日のおすすめランチ。
1207_2.jpg

サバ味噌炊き(700円)を定食(+300円)でお願いしました。添えられたおかずはマッシュポテト、小松菜?(ちょっと辛かったので芥子菜かな?)のお浸しと蓮根のきんぴら、大根と厚揚げの炊いたんです。マッシュポテト、最初はおからかと思っちゃった。
サバ味噌の切り身がでかくて、なにより美味しくてー。ごはんが足りないかもーと思ったので調整しながら食べました。jazzるさんのごはん、美味しいわー。グラタンも食べてみたいけどシーフードはダメだからなぁ。

今日の晩ごはんは旦那が作ってくれた炒飯でした。美味しくておかわりしました・・・ヽ(*^。^*)ノ。

冒頭に書いた作ったものはニット系とか豆本教室での来年の手帳、以前書いたカルトンペルフォレのクリスマスキット上級者バージョン、読んだ本は「悪童日記」(衝撃!)、観たDVDは「超高速!参勤交代」です。近日中にここに書きますので良かったらのぞいてやって下さいませ。

MASTERキートン Reマスター

  • 2014/12/01(月) 23:40:37

12月に入りました。
バイトに出てからちょうど1年です。
先月あたりからようやく自分のまわりが見えてきた気がしていて、自分が居るべき場所を整理してみようと思っています。無理してはいけないのだとも気がつきました。
今日はバイト前に紀伊国屋へ寄ったところ、気になる本をたくさん見つけました。私の居場所はやっぱりこういうところなんだと思います。

そんなことより。
キートンちゃんが復活していることは連載再開(っていうのかな)で知ってはいましたが、なかなか雑誌をチェック出来ないままきていました。そして!ついに!単行本化!

MASTERキートン Reマスター (ビッグ コミックス)MASTERキートン Reマスター (ビッグ コミックス)
浦沢 直樹 長崎 尚志

小学館 2014-11-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1994年10月初版の18巻からちょうど20年の時を経てのRe マスター、1巻って書いてないところをみたら、これ1冊のみ・・・?(´・ω・`)
最終回を2回も読まされてしまうわけで、うれしくもありますが悲しくもあり。
それでもそれでも、キートンちゃんの新作なのです。
ダニエルや太平氏、百合子ちゃんも出てきます。
前回の最終回で始まった発掘は成果が出たようです。
でも・・・というお話になっていますが・・・。

キートンちゃんには美味しいものがいろいろ出てくるのですが、今回もちゃんとありました。
気になったひとつめはキートンちゃんが喜ぶジャンケット。どうやら牛乳を固めたデザートのようです。牛乳かんみたいなもの?イギリスに詳しい方に訊いてみよう。
そしてもうひとつはハルヴァ。メソポタミア文明起源のお菓子ということですが、「私のはトルコ風でね、セモリナ粉を使うの」と台詞を読んだとき、これは某インド料理屋さんのランチビュッフェでラッキーだったら出ている、私の大好きなお菓子、ハルワーのこと?と気がつきました。ハルヴァをWikiで調べると確かにいろんな国で作られているようです。そっかー。ハルワー、美味しいんですよねぇ。百合子ちゃんの作ったハルヴァ、食べたいなぁ。

私の歴史や軍事、世界情勢の知識はキートンちゃんから学んだと言っても良いぐらい、本当に大好きな漫画です。出来れば続きが読みたいのですが、もう無理なのかな・・・。確かにその前に"BILLY BAT"を書ききって下さい、とは思いますが・・・。