雅樂倶でランチ

  • 2016/07/26(火) 09:07:46

富山市旧大沢野町春日にはそこに泊まるために日本中からやってくるというリゾート施設、リバーリトリート雅樂倶があります。
レストランやエステは宿泊客以外も利用出来るのですが、お高いものだから私には縁のないところ~と思っていました。
が、どうやらカフェにはお手頃なランチがあるそうなのです。というわけでエステも経験済みの友達に連れてってもらいました。

カフェ側の入り口から入るとゆったりしたソファが並ぶバースペースがあり、大きな窓のすぐ近くには山に沿って流れる神通川が。都会の方にはいきなりのこの風景が「ほぉ~」となるのでしょう。最近は街ぐらし(笑)の私にとってもこの景色はなんとも落ち着くものがありました。
このバーカウンター、宿泊者用のウェルカムドリンクバーにもなっており、カプセルタイプの珈琲類とかフルーツたっぷりのデトックスウォーター(酵素水なのかな?)などが大変オシャレに並んでいました。その中にこれまたちょいとオシャレなボトルに入ってウォータークーラーに浸されている白い液体があり、なんだろうな?と説明を読んだら、その中身はモーモーちゃんでおなじみのとやまアルペン牛乳でした!ちょっとボトルを入れ替えるだけでモーモーちゃんもオシャレになるね・・・。

カフェに入店。テラス席もどうですかとおっしゃってもらったのですが、暑いので(ヘタレ)中で。
そしてランチ~。友達とのごはん時はベジをちょっとおいておきます。とは言ってもチキン止まりでハンバーグ~とか焼き肉~とかは無理です・・・。
0725_1.jpg
パスタはミートソース、カレーはチキンということでカレーを。向こうに見えるのがテラス席。気持ち良かったかなぁ。でもほら、虫がいたら嫌だし(笑)。
メニューに記載されていたようにカレーはあまり辛くないです。チキンはゴロゴロのではなく細く割いたものが入っていました。手前の白いマウンテンはマッシュポテトです。バターが効いてて美味しかった。ごはんは雑穀米。おそらく、この後訪れたショップで売られていた雑穀米なのでしょう。

0725_2.jpg
別料金のデザート、私は右側のプリンというかカスタード。キウィが見かけよりでかかった。紅茶のカップにささっている砂糖がハート!きゃわいい!ささっているという表現はどうかと思うけど・・・。
2枚の写真とも、奥の景色も見て下さいね。紅葉の季節は綺麗なんでしょうねぇ。そして、満席なんでしょうねぇ。

ショップにはこれまたなかなかお高めな富山の物産品が並んでいました。
美味しそうな焼き菓子も並んでいたので旦那と食べようといくつか購入しました。中にはクリームチーズのkiriのお菓子コンテストで優勝した、というふれこみのものがあり、試してみようとそれはひとつだけ(笑)。
0725_3_201607260813158c4.jpg
キリコンクール最終審査結果発表に掲載されている焼菓子(cuits)部門"ballon"というのがそれです。
てっきりフランスのkiriがやってるコンクールだと思っていたんだけど違うみたいですね・・・。

ホテル側のロビーにも行ってみました。廊下は薄暗くなっており、館内のそこかしこに美術品が置かれています。華美ではない落ち着いた雰囲気ですが、それがかえってお金かかってんだろうなぁ(下衆・・・)と思わせます。図書館もあったり、本当にゆったりしに来る浮き世を忘れる施設なんでしょうね。ですがこのすぐ近くに古くからの友達が住んでいるせいか、ここに宿泊しても私は浮世離れが出来そうにないです。

帰りは足湯場に連れてってもらいました。土曜の足つぼといい足を労ってるなぁ。連れてってくれた友達に大感謝です。来月もどっか楽しいところに行けたら良いね。

夜、旦那もお土産を持ってきてくれました。
0725_4.jpg
ぶーぶーぶー。ひとつずつが金沢のお野菜3種類を使ってあるんだぶー。
米粉パンなのでぶたおひとり分でも結構、おなかがふくれます・・・。

スポンサーサイト

23日はイベント出店&読んだ本

  • 2016/07/25(月) 11:23:41

23日(土)は「ほんのふく」としてイベントに参加していました。
本来なら24日(日)も出店だったのですが、ここ最近、どうにも体調がはかばかしくなく、急遽土曜だけにさせて頂きました。主催者様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

今回もカルトンペルフォレのワークショップの準備をしていたので、私もその場で「ほんのふく」の看板を新しくタクっていました。大失敗だったのはブックカバーの見本を持っていってなかったこと。(いつもは何の本にかけていこうかと悩んでまで持ってったりするのに!)お客様に「見たかったです」と言われてしまい猛反省です・・・。
帰宅後は足つぼマッサージ効果もあったのか、ごはんを食べ終わると即、ダウン。時間は20時半・・・。日曜は不参加として良かったとしみじみ思いました。

ですが(笑)、翌日はお客として3時間程度ですが友達のお店に居座っていました。

2日間で持ち帰ったもの
0723_2_20160725102955448.jpg
Audax.さんのお月様ペンダント。私のアクセサリーは自作かこちらのレジンばかりです。

0724_5.jpg
消しゴムはんこmuramoさんのけろちゃんガーゼハンカチ。上にのっている貝殻は名刺を頂いたはずなのになぜか見つからないのでお名前が書けないのですが、マナカードでこれからの私を診てもらった最後に頂いたものです。

0724_1_2016072510295760a.jpg
そして友達からもらった伊香保温泉の湯ノ花饅頭~。さこみちよさんのコマーシャルをいつも聞いていたのでめっちゃうれしかった!

金曜から続いている5連休も明日まで。今日は友達とランチに行って、明日は親孝行(笑)。あいた時間は初めて、自分でデザインしながらタティングレースを作ってみます。

【最近読んだ本】ハイ・ライズ

ハイ・ライズ (創元SF文庫)ハイ・ライズ (創元SF文庫)
J・G・バラード 村上 博基

東京創元社 2016-07-11
売り上げランキング : 3432

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
ロンドン中心部に聳え立つ、知的専門職の人々が暮らす新築の40階建の巨大住宅。1000戸2000人を擁し、マーケット、プール、ジム、レストランから、銀行、小学校まで備えたこの一個の世界は、10階までの下層部、35階までの中層部、その上の上層部に階層化していた。全室が入居済みとなったある夜起こった停電をきっかけに、建物全体を不穏な空気が支配しはじめた。中期の傑作。


もうすぐ映画公開(フォルツァがなくなる富山ではおそらく観られない)


日本版の映画予告はたんなる金持ちとそうでない人たちの戦いという短絡的な編集にしてある気がしたので、あえてこっちを貼ってみました。原作を読んだ印象としてはこっちがしっくりきます。
ロイヤルはものすごいじーちゃんで想像していたのですが、ジェレミー・アイアンズ・・・。こんなにしゅっとしたひとだったのか。読む限り、どうしてもオシャレな映画に仕上がってると思えないのだけど、どこへんまで再現しているんだろう。
こういうの読むと一生賃貸で良いと思ってしまう方が短絡的かな(笑)。
男性3人が主軸に進むのですが、彼らに絡めていた女性陣達が最終的には...というのはおもしろかったです。ワイルダーなんて、ああいうことを書かれると(想像するとコワイけど)感情の甘さが愛しくさえ思えます。女性目線。
あー、映画で観たい!金沢まで行かんなん!なんでフォルツァが休館なのよ!

最後に。ロッテリアの前にお店のスタッフらしいコアラさんがいらしたので撮影しておきました。
0723.jpg
ゆらゆら揺れてるの。かわいい。

久しぶりの読書報告

  • 2016/07/18(月) 21:51:33

3日連続勤務は遅番出勤で加えて只今閉店時間延長中なので、必然的に出勤時間がいつもより遅くなります。午前中がほぼ、自由時間です。元気ならここで手仕事バリバリ!といきたいのですが、ここんところ座っているのがしんどかったり指が痛かったり無理すると翌日がとんでもないことになったり、何より出勤前に動くと仕事終わりを待たずに電池切れになってしまうので、そんよ~と(※富山弁で申し訳ないのですが、標準語ではなんて表現したら良いのか分からないので・・・)と過ごしておりました。ぼーっとしてると眠くなるのでたまっている本の中から比較的軽めなものを読んでました。

金メダル男 (中公文庫)金メダル男 (中公文庫)
内村 光良

中央公論新社 2016-06-23
売り上げランキング : 1194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
小学校の徒競走での一等賞をきっかけに始まった「常に一番を目指す」男、秋田泉一。何度失敗しても立ち上がり、あくなき挑戦を続け、思いがけぬチャンスをつかんでいく。その一途な生き方を、高度経済成長期からバブル崩壊を経て平成の今日に至るまで、時代風景と重ね合わせながらユーモアたっぷりに描くエンタメストーリー。

「金メダル男」 内村さん大好きの私が見逃すわけににはいきません。一人称で進むのでものすごく読みやすいです。芝居の脚本をベースにしてあるので台詞としての描写で進んでゆくような感じなので正直、これは小説・・・?と思わないでもないのですが、でも良いの。
内村さんが書いたんだから!
時代が自分の年齢とほぼ合っているのも読みやすかったゆえんなのでしょうが、泉一の生き方ってどうよ~とは思います。なんだろう。着地点が幸せなひとの物語なんですよね。その着地点の幸せが決してひとがうらやむ結果とはなっていないところがミソですが(ああいうオチを持ってきたところに内村さんは徹底的なコント職人なんだと感じます)。
ビジュアルで観たい場面がたくさんあります。映画、観に行こうかな・・・。

超高速!参勤交代 リターンズ (講談社文庫)超高速!参勤交代 リターンズ (講談社文庫)
土橋 章宏

講談社 2016-06-15
売り上げランキング : 3375

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
「5日で参勤」の難題をやりきり、命じた老中の顔を潰した湯長谷藩の面面はのんびり帰路につくはずだった。そこへ老中が国許へ2日で戻り、さらに江戸城天守閣再建の沙汰を下す。絶体絶命の窮地に陥った藩主らは智恵を絞る。巨悪と対峙する痛快時代エンターテインメント。

「超高速!参勤交代リターンズ」 これも映画の原作です。前作の「超高速!参勤交代」は監督が富山市出身の本木克英さん(私の出身高校の先生の息子さんだ!)、かわいそうな家老役の西村雅彦さん(サンシャインボーイズ在籍時、大好きでした!)なので本来ならそういうの大好きな富山のマスコミは大プッシュしてもよさそうなのに、ちょうど富山で撮影された映画とぶつかっててそっちばかり宣伝してました。もったいない。富山で撮影するってそんなに大騒ぎするもんなんでしょうかねぇ??そういえば「おくりびと」は原作も監督も富山に縁のある方だったのに、富山がロケ地を拒否ったって噂ですけどホントかな・・・?
泣けましたといううたい文句ばかりの日本映画が苦手な私ですが、これは設定を聞いただけでめっちゃ期待していました。(公開は観らなかったのでDVDを買いました♪)そして小説版も読んだところ、映画よりも濃いというか生々しい描写が多かったものの、キャラクターのサイドストーリーが掘り下げてあってこちらも楽しみました。
そして続編!やった!小説版はやはり生々しいところがいくつかあるので、今度は逆の見方、どこをどんな風に変えられるんでしょうか。これ読んでると老中役の陣内さんまでも嫌いになりそう(笑)。ホントに憎たらしい。そして今回の西村さんは前回に増してかわいそうすぎる・・・。

明智小五郎事件簿 1 「D坂の殺人事件」「幽霊」「黒手組」「心理試験」「屋根裏の散歩者」 (集英社文庫)明智小五郎事件簿 1 「D坂の殺人事件」「幽霊」「黒手組」「心理試験」「屋根裏の散歩者」 (集英社文庫)
江戸川 乱歩

集英社 2016-05-20
売り上げランキング : 56337

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「明智小五郎事件簿 1 」 明智君ものをちゃんと読んでいなかったことに気づいたので、書店で見かけたこれを買いました。「心理試験」がちょっとめんどくさかった(笑)けど、あとは、すいすいっと読めました。短編だったから購入したので、続刊は買わないかも・・・。京極夏彦さんの小説を思い出した、という感想は順番が違いますね、すみません。
乱歩の作品といえば、子供の頃以降でいうとこの漫画を

江戸川乱歩怪奇短編集赤い部屋 (ヤングジャンプコミックス)江戸川乱歩怪奇短編集赤い部屋 (ヤングジャンプコミックス)
江戸川 乱歩 東 元

集英社 2008-07-18
売り上げランキング : 172196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読んでいたせいか、今回の小説を読んでいてもビジュアルは東先生の描かれるキャラクター(特に屋根裏の散歩者)で想像していました。漫画とはひとっつもお話はかぶっていないんですけどねぇ。そう考えると屋根裏の散歩者をぜひ先生に描いてもらいたいなぁ・・・。

ジョイランド (文春文庫)ジョイランド (文春文庫)
スティーヴン キング Stephen King

文藝春秋 2016-07-08
売り上げランキング : 1452

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
海辺の遊園地、ジョイランド。彼女に振られたあの夏、大学生の僕はそこでバイトをしていた。そこで出会った仲間や大人たちとすごすうち、僕は幽霊屋敷で過去に殺人があったこと、遊園地で殺人を繰り返す殺人鬼がいることを知る。もう戻れない青春時代の痛みと美しさを描くキングの筆が冴え渡る!感涙必至の青春ミステリー。


「ジョイランド」 久しぶりのキング作品です(だっていつもは上下巻で高いんだもん)。大学生の「ぼく」の一人称が続くのでこれも比較的読みやすかったです。青春小説と思いきやミステリーかと思いきやちょっと超常現象的な引っ張りもありと飽きさせない展開てんこ盛りです。どれかの分野だけが好きな人には不完全燃焼になるかも。
ただ、オビにある「感涙必至」にはならなかった。申し訳ないです。どこで泣けば良かったのかな。なんて言ったら失礼か。(最後の場面かな?)でもなんでもなんでも泣けるって書けば良いってもんじゃないんだよ!そんなにみんな、泣きたいのか。そんなん、ドラえもんの最終回を思い出せばすぐ泣けるよ!
泣きはしなかったけど全体的には爽やかな青春小説でおもしろかったです。主人公、真面目だわー。1973年当時の二十歳ぐらいのスレてない男の子ってああいうもんなの?あと、食いしん坊としてはちょいちょい出てくる食べ物が気になります。

最後は楽しみにしていた最新刊。

かわうその自転車屋さん 3 (芳文社コミックス)かわうその自転車屋さん 3 (芳文社コミックス)
こやまけいこ

芳文社 2016-07-15
売り上げランキング : 587

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「かわうその自転車屋さん(3)」 この漫画を読むとものすごく自転車に乗りたくなるけど今の自分には無理なので、せめて気持ちだけはヨウコさんになる。ヨウコさん、好きだわー。うさもっちゃんも3巻が初登場なのにとても活躍していて可愛い。10段パンケーキ、食べてみたいなー。

そして今はこれを読み始めました~。

ハイ・ライズ (創元SF文庫)ハイ・ライズ (創元SF文庫)
J・G・バラード 村上 博基

東京創元社 2016-07-11
売り上げランキング : 4254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
ロンドン中心部に聳え立つ、知的専門職の人々が暮らす新築の40階建の巨大住宅。1000戸2000人を擁し、マーケット、プール、ジム、レストランから、銀行、小学校まで備えたこの一個の世界は、10階までの下層部、35階までの中層部、その上の上層部に階層化していた。全室が入居済みとなったある夜起こった停電をきっかけに、建物全体を不穏な空気が支配しはじめた。中期の傑作。

「ハイ・ライズ」 これも映画化の原作。しかし文庫本も高くなりましたねぇ。
(このひと、「クラッシュ」の作者さんなんですね・・・)

今回気が付いたのですが、「ながら読書」が出来なくなりました。集中力に欠けてるのかな。トシ?

6時間もちます

  • 2016/07/12(火) 15:15:20

朝の5時から起きている身には1日の気温差がものすごく体にこたえます。
起きてすぐに戸を開けると涼しい風が心地よく、今日はこんな1日になるのかしらとうっかり思ってしまうのですが、あっという間にお陽様がのぼって暑い暑い1日が始まります。

うちには網戸がありません。なので部屋の温度がクーラーを入れる限界になるまでは窓や戸をあけっぱにしています。これはバイトに出て夜遅く帰宅した時でも同様です。夜の帰宅後は部屋の空気を下げる意味でもまず、戸を開けています。
するとやってくるのが虫問題です。いろんな虫がやって来るんじゃないかという不安の中、とりあえずは刺されたらかゆい蚊に対してだけはなにがしら対応をしたいと思っていました。
で、買ったのがこの蚊取り線香。

0712_1.jpg

おしゃれ感いっぱいですが、なんでもなるべく自然に近いものを求めたい旦那の意見があっての選択なのです。早く使いたいけど蚊遣りがないなーと旦那に言うと、使わない皿で良いんじゃないという答えが返ってきました。それもそうかなと家捜しをしてみたのですが引っ越しの際にいらない食器を処分し以来、どうでも良い皿はうちにやってくることがなく、仕方ないから百均で買おうかなと思っていました。以前、もく遊りんに行ったときに見つけたかえるの蚊遣りを買っておけば良かったかなぁとも思ったのですが、あれはつり下げタイプだったので置く場所が限られていたかも・・・。

本日はやすみ。久しぶりに映画を観に行こうと思っていたのですが昨日の夜から座っていると足が痛み、これじゃあ映画館で2時間ぐらいも座っていられないということでお昼ごはん兼買い物にだけ出かけてきました。お昼は月に2回ぐらい行っている中村食堂で。店内のテレビを見ながらお店の方と東京都知事選について話ながらブリ照り焼き定食を食べてきました♪美味しくて皮まで食べたー。そして今日もごはんのお代わりは言い出せなかった・・・。

その足で寄ったスーパーで「そういえば蚊遣りはあるかな・・・」と探してみることにしました。きっと千円単位のものなんだろうとは思いつつ、見つかったのはセール品のこいつ!

0712_2.jpg

伝統的な蚊遣りです。500円でした。出がけに蚊に刺されたので帰宅後、速攻で焚きました。働いてくれています。目とおしりからもくもくと煙を出してくれています。

蚊取り線香で思い出すのはフランス暮らしの頃。やっぱり網戸がなく、クーラーもない部屋だったので当然、夜も窓を開けっ放し。そうなると蚊に刺され放題。どうしたら良いんだー。゚(゚´Д`゚)゚。と思っていたところ、どんなちっこいスーパーでも蚊取り線香が置いてあることに気がつきました。そういうことか・・・と購入。残った蚊取り線香は日本に戻ったときに実家へのお土産にしました(当時住んでいた部屋には必要がなかったのでした)。

そんなフランスには網戸がない話も載っているかわかみじゅんこさんの「パリパリ伝説」9巻が出ました。

0712_3.jpg

ストーリーものの連載も並行してやっていらっしゃるそうで、パリパリの連載は不定期になったとのこと。ということは10巻が出るのはいつのことなんだろう。さみしー。

パリパリ伝説 9 (フィールコミックス)パリパリ伝説 9 (フィールコミックス)
かわかみ じゅんこ

祥伝社 2016-07-08
売り上げランキング : 250

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本の履歴はちょいとハズカシイ

  • 2016/07/10(日) 17:14:48

お休みの日には必ず更新しようと思っていても、疲れ果ててたり何かを作ってたりしたらなかなかPCを立ち上げることが出来ないです。うーん。もっと手軽にブログを書きたいと自分でも思うのですが、文章を書くのはやっぱりキーボードが欲しいのでスマホやタブレットでは無理なんですよねぇ。悩ましいところです。

最近入手した活字本。

0708_3.jpg

今月号のMollie MAKESには可愛い人魚さんのamigurumi(origamiと同様、今は世界共通語です)が載っています。作ってみたいなぁ。付録は刺繍キットでした。先月は可愛いフェルト人形のキットだったので、作るとしたらまずはそっちが先かな。
長野まゆみさんの「あのころのデパート」は"あるある"的ネタもあっておもしろいです。夏フェスのしおりは大きいの、もらいました。
そして内村光良氏の「金メダル男」。まだ読めてませんが楽しみ。

ツイッターで存在を知って即、買いしたのは、

0708_2_20160708091121b83.jpg

「レゴでつくろう世界の名建築」。時代とともに移り変わる建築様式の説明と実際にレゴで作られた建物の写真、それらを作るときのパーツ説明や作り方が載っています。良い本です。素晴らしい本です。ずーっと眺めていたい本です。後にちらっと写ってますがタティングレースの手も止まるぐらい、素敵な本です。難と言えば、表紙から始まり文中にも頻繁に出てくる「レゴ」の文字のところにいちいち小さく(R)-実際にはマルR-と書かれているのが仕方ないとはいえウザいです(笑)。

表題ですが、↑のレゴ本を紀伊国屋のサイトで探していたとき、会員としてログインしてどっかのボタンをぽちっとしたら今まで紀伊国屋で買った本の履歴がずらーっと出てきたのでした。旦那の分もあるのでジャンルがバラッバラ。どんなに貧乏であっても月に1万円ぐらいは(ポイント率アップ会員の目安)本代として使いたいと思っているから、今後も増える一方ということで・・・。引っ越しで処分したのに・・・。

一気にミシンがけ

  • 2016/07/05(火) 10:51:41

年に2度、「ほんのふく」として参加するイベントが間近なので、ブックカバー量産の時期が来ました(スロースタート過ぎ)。姪の娘ちゃん用のワンピースの仕立てもしなくてはいけないので、今月の手仕事はミシン重視ということにしました。頑張るぞー。

ミシンをかけるのってそんなにたいそうなことではないのです。幸い、常に目の前にスタンバっているのでしまい込んでるから出すのがめんどくさいというわけでもなく。それならばなぜ、ミシンがけをするにあたってそんなに気合い(笑)が必要なのか。

それはアイロンがけが必要になるからです!

縫い物の出来は綺麗に縫える云々は60%ほど。あとの40%は要所要所でアイロンをきっちりかけられるかどうかです。(数値は今、思いついただけで根拠はないです)
アイロンがけは場所を取ります。その分のスペースが必要になります。そして熱くなるので心配性の私は出かける前にかけることが出来ません。なによりうちのアイロンはスチームも可能なので重いです。腕が痛くなります。以上の理由で縫い物をするときはものすごく気合いが必要になってくるのです。

そういった中、完成しました~ヽ(*^。^*)ノ。

0705_1.jpg

姪の娘ちゃんにクロッシェワンピース。
クロッシェ部分で頑張ったのは大量のピコット、スカート部分ではギャザー寄せ(笑)。
お袖の左右ネット編みの大きさが違うのはご愛敬ということで。
不思議の国のアリスのモチーフとはいえちょいちょいグロなキャラクターが登場してるリバティのギャリモジャの生地に娘ちゃんが泣きませんように・・・。

続いて。以前載せた、手作りイベントで買ったred beandsのスカートキット。

0705_2_20160705101023b50.jpg

布端の始末がロックかジグザグで、あとは折って縫うだけの簡単な工程なのですが、今のミシンにしてから初めてボタンホールを縫いました。説明書を引っ張り出してやってみたら勝手にやってくれることに感動しました(笑)。
型紙を作っておけば超量産出来る使い勝手の良いスカートなので、次は違う素材で作りたいです。

こちらもキット消化。favoriのバッグキット(応用)。

0705_3.jpg

基本とは違うデザインなのですが、おもしろい形なので作ってみました。手を抜いてハンドル部分のフリーステッチを省略したら、やっぱりぺったりした印象になってますね・・・。デザイナーさんに申し訳ないことでした。タティングレースでも作って縫いつけてみます。

裏側はこんな感じ。

0705_4.jpg

このフォルム、なんだかこれに似てませんか・・・(笑)。

さー。徐々にエンジンがかかり出してきました!えいえいおー!