シニョーラなお昼

  • 2014/07/02(水) 10:57:56

友達が予約をしてくれたので行ってきました~!

0627_2.jpg

このお皿のお店の富山店。
お昼は11時半と13時半に予約を受け付けているようで、13時半が空いてたよ~と予約してくれたのです。ありがとう!友達!

前菜とパスタとのセット(パン付き)でドルチェは別料金です。
パスタはめっちゃ種類がある中、迷いに迷ってほたてとスナップえんどうのクリームパスタにしました。ゴルゴンゾーラの風味が残って、とても美味しかったです。量が多いですが・・・と言われましたがそんなことはちっともなかったです!(笑) 一緒に出てきた3種類のパン、友達の分ももらったぐらいです。あ、パンも美味しゅうございました。

ドルチェは最後のひと皿を奪いましたのティラ・ミ・スぅ~。

0627_3.jpg

エスプレッソの、と名前にあったせいか、敷いてあるスポンジが洋酒ではなかったのが私には幸いでした。洋酒ってのはそのまま呑むものであって、お菓子とかに使われるととたんにダメになるのです、私。

前菜の写真がないじゃないかって?おなかがすいて即、食べたから撮らなかったというわけではなく、実は驚愕のあまり撮るのを忘れてしまったのです。
前菜のメニューにはお野菜系があまり見つからず、その中で「ニース風サラダ」とあったので、これならお肉もはいってないだろうからとお願いしたのですが、出てきたのはおっきなボローニャソーセージ?とおっきな生ハムがでーんとお皿を覆い、真ん中には温泉卵、その下にルッコラ?がしきつめられてまわりにツナが置かれているものでした。

これはニース風サラダちゃうやろ!

私が想像していたのはレタスとかいろんな葉野菜の上にツナと~オリーブと~アンチョビ~とゆで卵が載っているものであってお肉要素なし!なのになぜ?サヴォイア公国時代のニース風サラダなのか?アレルギーとか食べられないものはないですか?とお店の方が確認してくれた時、海老は告げたのですがまさかニース風サラダがお肉まみれだなんて思いもせず・・・。

というわけでショックで写真を撮ることを忘れてしまったのです。ベジとはいえ外食先で出されたお肉類は食べることにしているのでこれも食べましたけど、でもあー、ニース風サラダじゃないってば!これがちょっと残念でした。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

No title

ん!? 落合さんの・・・ですよね?
高志の国文学館のところかしら?
気になっているんですけど まだ行ってないです><
記事拝見して 行きたいモードがUPしました!!
でも・・・ダンナ君ゎ絶対無理だからぁ 
一緒に行く人探してから予約します><

それにしても そのサラダ・・・
気持ちわかりますょん

  • 投稿者: 君影草
  • 2014/07/02(水) 11:23:54
  • [編集]

Si!

>月影さん

そうです。高志の国文学館にある落合さんのお店です。
いちどは行ってみるべきだと思いますよ~。
なんでしたらご一緒しますので(^^)v。
ただ、ニース風サラダはもう頼みません(^^ゞ。

  • 投稿者: とりほ
  • 2014/07/02(水) 23:04:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する