豆本教室3回目

  • 2014/07/02(水) 19:50:44

先日、月に1度の豆本教室がありました。
このぐらいのペースが今の私にはちょうど良いです。太極拳は毎週通うのがしんどくなってやめちゃったのですが、月いちか2週に1度ぐらいだったらまた習いたいな・・・。

作ったものの前に。
前月のエントリーで書いたようにA3のカッティングマットが入るバッグを作りました。
材料はこれです。
0702_3.jpg
ラガハウスで買ったティータオル。フロラって名前みたいです。
これを縫って袋にしてうちにあった巾広のリボンつけたり、職場で買った持ち手をつけたりしてーの、

完成品。
0702_1.jpg

採寸などせず、入れてみて縫う!を繰り返したので左右とか天地とか揃ってないですが入れば良いんだ♪

背面。
0702_2.jpg

全面から巾広リボンをぐるんと背面に渡して、マジックテープでとめてあります。これだけ固定しておけば持ったときにかっさかさ動いたりしないでしょう、多分。見栄えより実用。

やっと今回の課題、蛇腹本でした。

0626_5.jpg

先生が用意して下さった詩は演劇部員なら一生、ソラで言える「あめんぼ赤いなあいうえお」。
北原白秋の「五十音」という詩だったのですねぇ。知らなかったです。

大きさはこれぐらい。

0627_1.jpg

Linkin Parkの新譜と並べてみました。
余談ですが、嫁がなんとかという歌で涙ぐんだんだよ!と雑誌のインタビューの記事でチェスターが言ってるようですが、それはきっと「やっとうちの旦那のソロが聴こえた!」と喜んでの涙だったのでは。それぐらい、今回の新譜でチェスターが唄っている歌、少なくないですか?私が彼の声を聞き分けられないだけ?

話を戻して。糊付けものが苦手な私ですが、豆本作りはたのしーです。
1冊は白紙なのでこれもカルトンペルフォレのモチーフを貼ることにします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する