本をたくさん載せました

  • 2015/05/07(木) 19:16:05

薬でごまかしている持病が時々顔を出したり非結核性なんとかのせいでちょっと身体が弱ると咳が出るようになり、おまけにここ数日前から左目(人工の方)の矯正視力が急激に低下してるしで、今年に入ってから「元気?」と訊かれても「うん、元気!」と全く言えない状態が続いています。人生半世紀生きるってこういうことなの。

そんな中、本だけは買ってます。

本の町の殺人 (創元推理文庫)本の町の殺人 (創元推理文庫)
ローナ・バレット 大友 香奈子

東京創元社 2013-08-21
売り上げランキング : 375540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サイン会の死 (本の町の殺人2) (創元推理文庫)サイン会の死 (本の町の殺人2) (創元推理文庫)
ローナ・バレット 大友 香奈子

東京創元社 2013-12-21
売り上げランキング : 377050

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本屋さんを「集めた」街、ストーナムを舞台にミステリ専門書店の店主、トリシアのまわりで起こる殺人事件・・・、というお話だということでシリーズのうちの2冊を購入して読んでみました。ライトミステリというくくりのようですが、もうちょっと深みがあっても良かったんじゃないかなという話運びと結末なので、正直3冊目は買おうか迷いましたが、「アガサ賞」候補になったと書かれていたのでもちょっと濃い内容なのかもと期待して、1200円に驚きながらも購入しました。

本を隠すなら本の中に (創元推理文庫)本を隠すなら本の中に (創元推理文庫)
ローナ・バレット 大友 香奈子

東京創元社 2014-07-14
売り上げランキング : 358620

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トリシアのお姉ちゃんがウザくなくなっているのとは対照的にトリシアがウザい(笑)。物語としては3冊目がいちばんおもしろかったです。ただ、これも結末がなー。こういうのにしか出来なかったのかなー。唐突って気もしないでもないし。
作者さんのサイト(ミス・マープルってあんな猫ちゃんなのね)を見たら、シリーズ8冊目が出版されたようです。Amazonでは★がイッパイついてます。おもしろいのかな・・・。気になる。

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
こやまけいこ

芳文社 2014-10-16
売り上げランキング : 2154

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ひょんなことから出会いました。
カフェを併設した自転車屋の店長さんはかわうそ、店員さんは羊のヨウコさん。ランチメニューのピザは評判を呼んでいますが、かわうそ店長としてはもっと自転車のお客さんに来てもらいたいのが本音。
長時間ハンドルを握れないし、足も痛くなるのでサイクリングなどは無理なのですが、近間ぐらいは自転車に乗りたいなぁと思った中、このマンガ。あー。良いなあ。自転車こぎたーい。そんな憧れもありますが、とにかく登場する動物さんたちがみんな、とても魅力的。旦那が呆れるぐらい、毎日毎日読んでます。

ごほうびごはん 1 (芳文社コミックス)ごほうびごはん 1 (芳文社コミックス)
こもとも子

芳文社 2015-02-16
売り上げランキング : 6557

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらもひょんなことから出会いました。
長野出身の社会人1年生池田咲子さんのたのしみは週に1度、自分への「ごほうびごはん」。しょっぱなから海老カレーだし、お肉類のオンパレードなのですが、お料理は私にはあくまでも添え物。食べることが楽しくてしょうがないという気持ちが全身から大放出している咲子さんを見ているだけでほんわか、うれしくなります。ベジですがこのマンガはきっと買い続けます。

マリファナも銃もバカもOKの国 言霊USA2015マリファナも銃もバカもOKの国 言霊USA2015
町山 智浩

文藝春秋 2015-04-23
売り上げランキング : 427

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


週刊文春で連載中のコラムをまとめた本。たまにうちの母親が文春を買うのでそれが私の元に流れてくるため、中には読んだものもいくつか。それでも町山さんのご本なので買うのです。信者なのか?

毛糸だま  2015年  夏号  No.166 (Let’s Knit series)毛糸だま 2015年 夏号 No.166 (Let’s Knit series)

日本ヴォーグ社 2015-05-01
売り上げランキング : 777

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近、編み物ばかりしています。冒頭に書いた目の理由でタクタク等も細かいことはしにくいし、布関係はアイロンという大きなハードルがあり、なかなか手をつけられずにいます。出かける日にアイロンをかけられないというハードルです。ゆえにバイトの日はたとえ遅番で午前は時間があっても無理だし、オヤスミの日でもなかなか終日、家にいるという日はとれず、必然的に縫い物が出来なくなっています。夜は夜で眠いし(^^ゞ。加えてブックカバーは目が治らない限り販売できるようなものは作れない・・・。
そんなわけで編み物なのですが、今回の毛糸だまは自分にはツボ!作りたい!って思うものが多すぎ!見本と同じ毛糸で作るつもりはないので、その毛糸のメートル数を調べ、私が買う予定の毛糸だと何玉いるのかな?なんて計算だけはしています。買うか買わないか、編めるか編めないかは現在進行中のものの仕上がり次第。夏糸の時期に夏糸で編んでちゃ無理だってー。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する