ラトビアミトン

  • 2014/01/31(金) 18:57:51

先日ニットカフェに行った際、ご一緒した方が編んでいらしたラトビアのミトン。
毛糸の質感といいデザインの可愛さといいステキ!!!!
高いのかなぁとお値段を聞いたらそうでもない。(※注※バイト先の扱い品が結構なお値段のものばかりなので金銭感覚が少々狂っていることは否めないです。)
箱の裏にいろんなデザインが紹介されていたので、これかこれがあったら私も欲しいです、とお伺いしていたところ、あったということで今日、受け取りに行ってきました♪

0131_3.jpg

毛糸の宝石箱や~!玉じゃなくカセですよ!
ミトンなので短めの4本棒針を使ってこの模様を編み込むわけです。
・・・私に出来るの?それに4本針、持ってないよ?

それなのになぜ買うってことですが、欲しかったから!宝石箱だから!

おまけにカセだから玉に巻かなくちゃいけないのです。そういえば実家には傘の骨みたいなカセから玉にする器具がありました。母が机のフチに固定して毛糸をかけてくるくるしてるのを子供の頃に見てました。懐かしい・・・。で、私はどうしよう(^^ゞ。
ま、宝石箱なのでしばらくながめているってのもオツなものです(^.^)。
ただ編みたくて買ったので作りたいのも事実。それに編み込みは楽しくて好きなんですよね。
4本棒針のコツも聞いてきたし、棒針買って作りましょう。
ただ、バイト先には4本棒針は置いてないから別の手芸やさんで買わなくては(^^ゞ。
このセットをバイト先以外で買ったことがすでに少々後ろめたいというのに・・・。
(どちらも扱っていないものだからそれは仕方のないことですよね♪)

こんな本も出てます。

ラトビアの手編みミトン: 色鮮やかな編み込み模様を楽しむラトビアの手編みミトン: 色鮮やかな編み込み模様を楽しむ
中田 早苗

誠文堂新光社 2013-10-16
売り上げランキング : 58684

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する