シン・ゴジラを観てきました

  • 2016/08/24(水) 18:38:16

東京は大丈夫なんでしょうか。今、ニュースが流れたのですが東京の様子が報道されるんじゃないかと真剣に思ってしまいました。観終わったあとは職場の人とのランチ会だったのですが、東京が大変なことになっているのにこんな呑気なことをしてて良いんだろうかと思ってしまったぐらい、入り込んでます。
「FAKE」の時も書きましたがアクセス数が微々たるブログですので遠慮なく結末やネタバレを含んだ感想を記します。これからご覧になる方はお気をつけ下さい。

の、前に~。
★拍手コメントお返し★
vogelさん、どうもありがとうございます!
1枚作ったら自信がつきました。また何か作りたいな~と思ってます(かぎ針限定)。

そして最近、購入したお菓子の詰め合わせ~。
0824_1_201608241742419fc.jpg

これ、ニース直輸入なのです。ニースの旧市街でHangoutというレストランをなさっている神谷さんとツイッターでお知り合いになり、TLにのっていたお菓子が美味しそうだなぁと思っていたところに「ご希望の方がいらっしゃったら送ります」とおっしゃったので即、手を挙げました。パティシエは(もうすぐ)奥様。実はお菓子代の倍ぐらい、送料がかかっています。でも箱いっぱいにクッキーやケークなどが詰まってたし、フィナンシェはちょいとつまんだ指にバターの油がつくほどで生地はものすごくしっとり。旦那は美味しくて悶絶してました。「これなら高くないよ!」ということなので、たぶん、これからも時々購入するのではないかと・・・。
ところで今、これを書くのにHangoutをググったらものすごい口コミ評価が高く、いえ、いろんな賞をとっていらっしゃったりいろんなシェフと活動していらっしゃる方なので評判のお店なんだろうなーとは思っていたのですが、日本語のページもでいくつも記事が出てくると、神谷さんって凄いんだ・・・とあらためて感じました。お料理もデザートも美味しいなんて最強じゃん!いつか行けるかなー。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

では「シン・ゴジラ」話。いってみよー!今回は箇条書きです。

【1】石原さとみ問題(笑)
ヒドイという噂だったので覚悟していましたがそんなに言うほど?登場シーンはパーティに出席していたという設定のせいかとても色っぽくて綺麗でした~。演技はオーバーアクションだったかもしれませんが別に気にならなかったです。

【2】津田寛治さんのこと
もともとこの映画を観ようと思ったきっかけは前評判の高さに加えて津田さんが出ていたからということがあります。森厚労省医政局研究開発振興課長さん。携帯の待ち受けは奥さんと息子さん?。米軍の攻撃によって結果、東京が大きな被害を受けてしまった時、おそらくをふたりを亡くされているんですよね。立川へ移動したあと、巨災対メンバーへ声をかける前の間が切なかったです・・・。私の好きなひと繋がりということで、斉藤工君がぴょっと出てきたのにはビックリしました。ちょこっと役に有名どころが多すぎて、全員にギャラが発生しているのかなとかヘンなこと、考えていました。

【3】最初はところどころ笑ってしまいました
内閣総理大臣、おもしろすぎ。テンパるとひとはこうなってしまうのか。外ではゴジラが暴れているのに会議会議会議!

【4】途中はひたすら怖かったです
ひとが死んでる場面がなくてどーのこーのという意見があったそうですが、見えてないだけでいっぱい死んでるやん!そこらへんにいた逃げ遅れたひとたちはみんな死んでるよー。想像しただけで辛いし、ゴジラの尻尾の行方も気になってとにかく怖かったです。俯瞰でゴジラが通ったあとだけがきれいになぎ倒されてるのを見せられると、確かにそういうことなんだけど、実際に見ると生と死の境目を感じずにいられませんでした。

【5】ラストまでの1/3はどうなるんだろう?という思いでいっぱいでした。
正直、あれをそのまま放りっぱなしにするしかないのでしょうが、これも今の日本の現実と同じであることがとても恐ろしいです。こんな映画に良く自衛隊とか小池百合子都知事とか枝野幸男氏が協力してくれたなー。

私はてっきり、すでに「ゴジラ」という生き物が世の中に知られているんだと思っていました。初代ゴジラが昔に出てきていて、またやってきた、みたいな。そうじゃなかった。「未知なるもの」「前例のないもの」「想定外のもの」。倒壊した建物群を実際の街の風景として見た経験をしてしまうと、今回はとても映画の世界とは思えないです。

しかし長谷川博巳。カッコ良すぎる。高橋一生君も良い感じでした。もちろん津田さんも♪
映画上映前に流れる予告編あれやこれに出ていたピエール瀧さんがここにも出てた!
あと1回は観たいなー。

映画観たりジオラマ展行ったり

  • 2016/08/20(土) 11:15:49

毎日ブログを書くとカテゴリ別の内容になるのですが、こうも更新頻度が低いとすべてを一気に書くため、必然的にカテゴリは「にちじょう」になります。ま、日常ではあるのだからいっか。

ここ10日間での私のビッグイベントのひとつはやはり久しぶりに映画を観に行ったことです。
ようやく富山で公開になったこれを。
0820_5.jpg

公式サイト

衝撃のラスト12分は確かに衝撃でした。しゃべりまくってるしご訪問下さる方が数名ぐらいのブログですからその内容を書きますと、佐村河内さんがキーボード弾いてシーケンサー使いまくって壮大な交響曲の作曲&演奏をされてます。はい。
他、簡単に書くと奥様の存在が素晴らしいなぁということ、ショートケーキが食べたくなったこと、猫ちゃんが可愛かったことかなぁ。猫ちゃん、最後はおなかを出してましたよね。警戒を解くことのメタファーなのかな。テレビを作るひとにとって出演者は素材のひとつなんですよね。それは森さんも一緒か。あ!あと、電車が何線なのか気になりました。旦那が一緒に観てたら気づいたのになぁ。
しかし森さんって意地悪ですよね。ネタバレ厳禁12分を持ってきたあとに最後のカットがあれじゃあ、観客はFAKEの意味を思いっきり深読みするじゃあないですか。おもしろかったけど。観られて良かった。
森さんは高岡市に縁のある方なので、実は以前、富山での「A」の上映打診をしたことがあるのです。そうしたら富山では多分、無理でしょうねぇというご返事を頂きました。確かにそうよねぇ。そして今回のこの「FAKE」の上映、てっきり、森さんも来富されていちどぐらいトークイベントがあるんじゃないかと思ってたのですが全くナシでした。上映された映画館、フォルツァ総曲輪にもうすぐ新垣さんがやってくるから彼に操を立てて(笑)企画されなかったのかな??

どんどんいきまーす。
サマープルオーバーが完成しましたヽ(*^。^*)ノ。
0820_2.jpg

スカートに合わせてみました。良い感じです。
先日、初めて着て出かけたのですが、ぴちぴちでおにくがはみ出るわけでもなく、二の腕はぷるぷるしてますがちょうど良かったです。ちゃんとしたウェアを編んだのは初めてです。満足。

続いてこれを編もうと思ったのですが・・・。
0813.jpg

岐阜にある手芸やさん、柳屋さんオリジナル、ケストラーさんのバッグキットです。
しかし針の号数が大きく(太い)て指への負担がハンパないので今の私にはちょっと無理でした。痛みが少し落ち着いてる時に編みます。

なのでこんなのを編んでます。
0820_4.jpg

糸を切らない連続モチーフ糸を切らない連続モチーフ

日本ヴォーグ社 2016-01-29
売り上げランキング : 17564

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本に載っている作品です。大きくなっていくのが楽しくてとにかくぐるぐる編んでいますが用途は未定です(笑)。

そしてそして先日はもうひとつのビッグイベント、情景師アラーキー氏のジオラマ展へ行ってきました。
撮影可だったので気になった作品をいくつか撮ってきました。
0820_7.jpg

0820_8.jpg

0820_6.jpg
テーマがゴッサムシティなのでクルマはもちろんバットモービル。

綺麗な風景じゃなくて生活の中、それも忘れられていくものたちのワンシーンが多くて私ぐらいの年代だとノスタルジックな想いになります。しかし比較出来るものを映りこませていないのでその細かさがさっぱり分からない・・・。

0820_11.jpg
ぶたの兵隊さん。

細部まで作り込まれていてミニチュア作りに憧れている私はうずうずして仕方ありませんでした。おまけに作品の説明には使用された材料が細かく書かれていて、手の内見せるんだなぁと思っていたらこんなご本が売られていました!

作る! 超リアルなジオラマ: 材料探しから作品発信まで完全マスター作る! 超リアルなジオラマ: 材料探しから作品発信まで完全マスター
情景師アラーキー

誠文堂新光社 2016-08-01
売り上げランキング : 394

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私がもっと器用で絵心があったら・・・。悲しい。本は買ったけど。

小学生の頃、屋台とか団子屋さんとかを作るプラモデルが大好きでやたら作っていました。今、ググったら河合商会の風物詩シリーズというものでした。リンク先を見ると作ったものがいっぱいあります。懐かしい・・・。やっぱりドールハウスが作りたいな。

PC立ち上げ<タブレット使い

  • 2016/08/06(土) 23:04:11

7月末は仕事が詰まっていた上に中休みは月いちの友会で、ブログの更新を怠ったまま気がつけばもう8月も第1週が終わろうとしています。あらー。

今回の月いち会、彼女はアニメ好きで富山のアニメ会社、P.A.WORKSが作る作品も好きだと聞いていたので、高志の国文学館での企画展、「面白い箱!アニメづくりのスタジオの中へ」に誘ってみました。
0729_1.jpg

私は中学生の頃アニメファンで関東地方の同志と文通などしていたのですが、その同志さんがアニメ製作会社に行った際に買ってきてくれたセル画何枚かをお土産としてもらったことがあります。初めて見るセル画に「こんな風に重ね塗りするんだ~」と感激したこと、今も覚えています。
それが今は動画をスキャンしてデジタル処理ですからねぇ。いちまいずつセル画を写し書きしたり彩色する手間もなく。いやむしろ、今でも動画は描かなくてはいけないって方に驚くかな。
アニメにハマってる友はそれほど楽しんでいなかったような気もするのですが、涼しくてひとがあまりいない(笑)場所は落ち着きます。

そしてショップでうっかり買ってきたドラちゃんグッズ。
0729_2.jpg

こいつの真ん中をきゅっと押すと
0729_3.jpg

にょろん!
0729_4.jpg

あんこが出てきます!きゃわい~。

ブログ更新をサボっていたのは、モノを作っているからです。
ネットを見たりツイッターに投稿するだけならタブレットで十分なので、ついつい、PCの前に座ることなく、何かを作って休日が過ぎていきます。

そのいち。ビーズキット。
0803_1_201608062214588d8.jpg

ベースに黒いビーズを糸に通していって、その上に四角いのやらキラキラしているのやらを通していきます。楽しい★

そのに。念願のビーズクロッシェ。
0803_2_20160806221500702.jpg

真っ黒くろに写っているので何がなんだか分からない写真ですが、これで正解なのかなぁと悩んでいます。いまいち見本の写真と違うような気がして・・・。千趣会のマンスリーキットを頼んでみたのでいわばこれは第1回め。来月はどんなのが来るのか楽しみです。
一緒に写っているのは最新号の"Mollie MAKES"。表紙のと刺繍といい付録のフェルト小物といい、なかなかの細かい作業です。イギリス人、やるな。

そして手仕事いちばんの大物はサマーセーターです。1度で良いからこの夏に着たい、間に合わせたいと頑張った結果、本日、本体が完成しましたヽ(*^。^*)ノ。あとは大嫌いな細編みによる縁取りです。襟ぐりはすみました。あとは袖口×2と裾です。細編み3段も必要かー、めんどくさーと思いながらもここまで出来たのだから!と頑張ってます。次回の更新時には写真が貼れるのではないかなーと思っています。

次はケストラーさんのバッグキットかなー。それとも今日買ってきた「毛糸だま」最新号から何かを作ろうかなー。実は頑張っているサマーセーターは夏号の「毛糸だま」掲載作品なので、やろうと思えば出来る!とちょっと自信が付いてきたような気分ですp(*^-^*)q。

雅樂倶でランチ

  • 2016/07/26(火) 09:07:46

富山市旧大沢野町春日にはそこに泊まるために日本中からやってくるというリゾート施設、リバーリトリート雅樂倶があります。
レストランやエステは宿泊客以外も利用出来るのですが、お高いものだから私には縁のないところ~と思っていました。
が、どうやらカフェにはお手頃なランチがあるそうなのです。というわけでエステも経験済みの友達に連れてってもらいました。

カフェ側の入り口から入るとゆったりしたソファが並ぶバースペースがあり、大きな窓のすぐ近くには山に沿って流れる神通川が。都会の方にはいきなりのこの風景が「ほぉ~」となるのでしょう。最近は街ぐらし(笑)の私にとってもこの景色はなんとも落ち着くものがありました。
このバーカウンター、宿泊者用のウェルカムドリンクバーにもなっており、カプセルタイプの珈琲類とかフルーツたっぷりのデトックスウォーター(酵素水なのかな?)などが大変オシャレに並んでいました。その中にこれまたちょいとオシャレなボトルに入ってウォータークーラーに浸されている白い液体があり、なんだろうな?と説明を読んだら、その中身はモーモーちゃんでおなじみのとやまアルペン牛乳でした!ちょっとボトルを入れ替えるだけでモーモーちゃんもオシャレになるね・・・。

カフェに入店。テラス席もどうですかとおっしゃってもらったのですが、暑いので(ヘタレ)中で。
そしてランチ~。友達とのごはん時はベジをちょっとおいておきます。とは言ってもチキン止まりでハンバーグ~とか焼き肉~とかは無理です・・・。
0725_1.jpg
パスタはミートソース、カレーはチキンということでカレーを。向こうに見えるのがテラス席。気持ち良かったかなぁ。でもほら、虫がいたら嫌だし(笑)。
メニューに記載されていたようにカレーはあまり辛くないです。チキンはゴロゴロのではなく細く割いたものが入っていました。手前の白いマウンテンはマッシュポテトです。バターが効いてて美味しかった。ごはんは雑穀米。おそらく、この後訪れたショップで売られていた雑穀米なのでしょう。

0725_2.jpg
別料金のデザート、私は右側のプリンというかカスタード。キウィが見かけよりでかかった。紅茶のカップにささっている砂糖がハート!きゃわいい!ささっているという表現はどうかと思うけど・・・。
2枚の写真とも、奥の景色も見て下さいね。紅葉の季節は綺麗なんでしょうねぇ。そして、満席なんでしょうねぇ。

ショップにはこれまたなかなかお高めな富山の物産品が並んでいました。
美味しそうな焼き菓子も並んでいたので旦那と食べようといくつか購入しました。中にはクリームチーズのkiriのお菓子コンテストで優勝した、というふれこみのものがあり、試してみようとそれはひとつだけ(笑)。
0725_3_201607260813158c4.jpg
キリコンクール最終審査結果発表に掲載されている焼菓子(cuits)部門"ballon"というのがそれです。
てっきりフランスのkiriがやってるコンクールだと思っていたんだけど違うみたいですね・・・。

ホテル側のロビーにも行ってみました。廊下は薄暗くなっており、館内のそこかしこに美術品が置かれています。華美ではない落ち着いた雰囲気ですが、それがかえってお金かかってんだろうなぁ(下衆・・・)と思わせます。図書館もあったり、本当にゆったりしに来る浮き世を忘れる施設なんでしょうね。ですがこのすぐ近くに古くからの友達が住んでいるせいか、ここに宿泊しても私は浮世離れが出来そうにないです。

帰りは足湯場に連れてってもらいました。土曜の足つぼといい足を労ってるなぁ。連れてってくれた友達に大感謝です。来月もどっか楽しいところに行けたら良いね。

夜、旦那もお土産を持ってきてくれました。
0725_4.jpg
ぶーぶーぶー。ひとつずつが金沢のお野菜3種類を使ってあるんだぶー。
米粉パンなのでぶたおひとり分でも結構、おなかがふくれます・・・。

23日はイベント出店&読んだ本

  • 2016/07/25(月) 11:23:41

23日(土)は「ほんのふく」としてイベントに参加していました。
本来なら24日(日)も出店だったのですが、ここ最近、どうにも体調がはかばかしくなく、急遽土曜だけにさせて頂きました。主催者様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

今回もカルトンペルフォレのワークショップの準備をしていたので、私もその場で「ほんのふく」の看板を新しくタクっていました。大失敗だったのはブックカバーの見本を持っていってなかったこと。(いつもは何の本にかけていこうかと悩んでまで持ってったりするのに!)お客様に「見たかったです」と言われてしまい猛反省です・・・。
帰宅後は足つぼマッサージ効果もあったのか、ごはんを食べ終わると即、ダウン。時間は20時半・・・。日曜は不参加として良かったとしみじみ思いました。

ですが(笑)、翌日はお客として3時間程度ですが友達のお店に居座っていました。

2日間で持ち帰ったもの
0723_2_20160725102955448.jpg
Audax.さんのお月様ペンダント。私のアクセサリーは自作かこちらのレジンばかりです。

0724_5.jpg
消しゴムはんこmuramoさんのけろちゃんガーゼハンカチ。上にのっている貝殻は名刺を頂いたはずなのになぜか見つからないのでお名前が書けないのですが、マナカードでこれからの私を診てもらった最後に頂いたものです。

0724_1_2016072510295760a.jpg
そして友達からもらった伊香保温泉の湯ノ花饅頭~。さこみちよさんのコマーシャルをいつも聞いていたのでめっちゃうれしかった!

金曜から続いている5連休も明日まで。今日は友達とランチに行って、明日は親孝行(笑)。あいた時間は初めて、自分でデザインしながらタティングレースを作ってみます。

【最近読んだ本】ハイ・ライズ

ハイ・ライズ (創元SF文庫)ハイ・ライズ (創元SF文庫)
J・G・バラード 村上 博基

東京創元社 2016-07-11
売り上げランキング : 3432

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
ロンドン中心部に聳え立つ、知的専門職の人々が暮らす新築の40階建の巨大住宅。1000戸2000人を擁し、マーケット、プール、ジム、レストランから、銀行、小学校まで備えたこの一個の世界は、10階までの下層部、35階までの中層部、その上の上層部に階層化していた。全室が入居済みとなったある夜起こった停電をきっかけに、建物全体を不穏な空気が支配しはじめた。中期の傑作。


もうすぐ映画公開(フォルツァがなくなる富山ではおそらく観られない)


日本版の映画予告はたんなる金持ちとそうでない人たちの戦いという短絡的な編集にしてある気がしたので、あえてこっちを貼ってみました。原作を読んだ印象としてはこっちがしっくりきます。
ロイヤルはものすごいじーちゃんで想像していたのですが、ジェレミー・アイアンズ・・・。こんなにしゅっとしたひとだったのか。読む限り、どうしてもオシャレな映画に仕上がってると思えないのだけど、どこへんまで再現しているんだろう。
こういうの読むと一生賃貸で良いと思ってしまう方が短絡的かな(笑)。
男性3人が主軸に進むのですが、彼らに絡めていた女性陣達が最終的には...というのはおもしろかったです。ワイルダーなんて、ああいうことを書かれると(想像するとコワイけど)感情の甘さが愛しくさえ思えます。女性目線。
あー、映画で観たい!金沢まで行かんなん!なんでフォルツァが休館なのよ!

最後に。ロッテリアの前にお店のスタッフらしいコアラさんがいらしたので撮影しておきました。
0723.jpg
ゆらゆら揺れてるの。かわいい。